やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び 読書

会計学入門を読んでみて 〜取り組むことに対する目的観の重要性を痛感〜

投稿日:

先日のブログで述べたように、小宮一慶さんの著書「ビジネスマンのための『読書力』養成講座」で推奨されている本を現在読み進めているところ。。

今回は「会計学」についての著書を推奨されているものを全て購入して、オススメしている順に読むことにチャレンジ中だ。順番からいくと、「図解 会計のしくみ」(波光史成さん著)という本になる。

だけれども、会計学にはおなじみの例でいけば、貸借対照表や損益計算書などそれぞれの語句ごとに解説しているような本で、味気ない構造になっていて馴染めなかった。僕的には面白く感じなかった。




そこで、その「図解 会計のしくみ」を読んだ後に読むのが良いだろうと推奨している「会計学入門」(桜井久勝さん著)を読んでみることにした。読んでみると、小宮さんが会計学の中ではイチオシしている本だけあって、非常に分かりやすく書かれてある本だった。

「会計とは」と題して、会計学とは何のためのモノなのか、、というところから、どういう目的で会計学というモノがあるのか、学問として取り組むべき方針や指針などをしてしているモノだ。




何のために学ぶのか、、ということは非常に大事なことだ。意味もなく「できるから」というのでは理由としては不十分だ。

「できること」をやり続けていると、そのうち多くの時間が消費され、本来やるべきことができなくなるという恐れがある。「できること」≠「やるべきこと」というわけだ。




少し横道に逸れたが、この本では会計学を学ぶ目的を「個人や企業のような特定の経済主体の経済活動を、貨幣額などを用いて計数的に測定し、その結果を報告書にまとめて利害関係者に伝達すること」だとしている。

難しい語句や表現は、専門的な本である以上はドンドン出てくるのは否めない。だが、本書ではその語句などもより噛み砕いて表現されていて分かりやすいというイメージを持った。

まえがきの冒頭部分で「本書は、初めて会計学を学ぼうとする人のために、会計学の入門的な基礎知識を提供しています。これまで何の予備知識のなかった人でも、独力で理解できるように心がけて解説しました。」とあり、分かりやすさを重視した作りになっているということで安心したものだ。




それでも、初めのうちこそじっくり読めば何とか理解はできたモノの、後の方になってくると少しチンプンカンプンになってしまった。それまでの内容をすべて完全に理解していないからなのかもしれないが、少しずつ難しい表現に変わってきているような気さえした。

なので、分からない・理解できない個所については、インターネットで調べながら読むことに切り替えた。小宮さんの「読書力養成講座」の熟読に相当する読み方ということだ。

小宮さん自身は通読レベル2の読み方で読めるモノとしていたのだが、知識の基盤がないせいかすんなりと読み進めることができなかった。

そんなこんながあったが、かなりイイ本だというふうには思った。初心者向けだからといって、レベルを落とすことなく会計学の全般を網羅した良書だと思う。しかも、持ち運びは抜群にしやすい新書サイズだ。




以前にも述べたが、ハッキリとした「学ぶ」という姿勢を持つのは久しぶりのことだ。高校や大学で学んでいたときのような感覚が蘇ってくるようだった。僕は理系で専門は物理や数学で、ジャンルは違うのだが、取るべきスタンスは一緒だ。




ここで「学ぶ」ということの目的について考えてみたい。まず、学生のころは目前に迫る試験があったり、単位取得のためなどという目的がハッキリしている。

しかしながら、現在会計学を学ぶ目的としては、少し漠然としたところがある。会計士の資格を取りたいわけでも、税理士になりたいわけでもない。単純に、、会計学を学ぶということが目的になっているのだ。

会計学を学ぶ目的が、会計学を学ぶということなのだから、目的観が非常に弱いことを感じさせられる。つまりは、モチベーションの維持が難しいわけだ。そういった意味では目的観というのは、何をするのでも非常に大事だと言える。




また「目的」とひと言にいっても、最終的な目的の前に、ステップごとの細分化した小さな目的があってもよい。。というかあったほうがよい。それが時と場合によっては、「目標」と同意だったりする。

学生のころには、その細分化された目的がハッキリしている。何週間か後に控えているであろう試験などがそれに当たる。自分自身でももちろん認識しているだろうが、学生同士でも当たり前のように共通の認識として持っている。

日々、学生同士で目的を確認し合っているという環境に置かれているのだ。「目的」と常に向き合った環境なのだから、やる気が持続するし、直接的なモチベーションアップにつながる。

こういった環境は勉強するのには非常に恵まれた環境だと言わざるをえない。もう何年も前のことになるが、今ごろになってそのありがたさに気づいた。そのころにもっと勉強していれば、、というのは世の常だ。もちろんもうすでにそんなことを言ったところで遅すぎる。




さて、今度は本格的な書籍に入ろうと思っている。大学の講義テキストなどに利用されそうな、かなり専門的な本だと思われ、400ページ以上にわたるモノだ。

「財務会計講義」(桜井久勝さん著)という本に挑戦してみるつもりだが、読むのにかなり時間を要すると思う。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-学び, 読書

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.