やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び 読書

「稲盛和夫の実学」を読んでみて 〜スタートは「自分なり」でも普遍的なモノに体系化すれば価値を生み出せる〜

更新日:

現在、あることがきっかけで「会計学」を学ぶに至った。専門的な理解を得ようと思ったら、一朝一夕にはいかないだろうことは覚悟している。ということで、まずは入門書ということで「会計学入門」(桜井久勝さん著)という本を読んだ。

→会計学入門を読んでみて 〜取り組むことに対する目的観の重要性を痛感〜

会計学を学ぶきっかけを作ってくれた「ビジネスマンのための『読書力』養成講座」(小宮一慶さん著)では、次に読むべき本として同著の「財務会計講義」という本を推奨していた。

まずは見た目が、、やはりというべきか、、専門書だ。かなり難しそうなイメージの漂う本だ。小宮さんによれば、専門的な知識や理解、論理的思考力を得ようと思ったら、まずは難易度の高い本から読むべきだということだった。




だけれども、会計学に親しむ意味でもワンクッション簡単に書かれている本を読むことにした。同書で会計学のジャンルで通読レベル1にイチオシで挙げている「稲盛和夫の実学」という本を読むことにした。

稲盛和夫さんというのは、京セラやKDDI(創業時は第二電電)の創業者として知られる著名な実業家だ。稲盛さんは会計の専門家ではないが、優れた経営者として名を馳せ、経営と会計の連動性・密接性をこの本の中で説いている。

稲盛さんは、大企業を成長させ続ける経営をする上で、自分なりに「会計」というものの在り方を模索したということだ。この本では「会計」に対する他に類を見ない「目的観」を確立させている。




稲盛さんは、経営をする上で「会計」とは何であるかよく掴めないでいたなどと同書で述べている。「会計」を経営に役立てられるよう、机上の空論のようなことを述べる会計専門家らと何度となく激しく議論し合ったという。

自分に対して腑に落とすことのできる落とし所を模索し続けた結果、「会計」の意味することの本質を掴み、さらには経営と密接に結びつく「会計」の在り方を、より高い次元へと昇華させたということだ。




例えば、会計上では利益は出ているがお金(キャッシュ)がないということが頻繁に起こるが、その理由を突き詰めるとともに、こんな矛盾はどうして起こるのかを追求した。理論上は分からないわけではないが、こういうモノが「会計」というのなら、そんな「会計」は要らないと主張する。こんなことでは「会計」の意味がないというのだ。

そんな中でも、自分なりに工夫して「会計」というモノを使いやすいツールとして機能するように、積極的に改良するようにしたということだ。キャッシュベース経営の原則、一対一対応の原則、ダブルチェックの原則、、などの考えを確立させた。

そういった会計論はのちに、社内だけでなく社外からも実用的だと評価されるに至る。まさに経理担当者との議論などを通して、経営に活かせる会計原則を確立したわけだ。

稲盛さんが実体験を通して得てきた会計原則は、のちに書籍にもできるほどのモノになった。自ら研究したすえに確立したモノを書籍にして情報として販売されているわけだ。こんなことを述べるのは恐れ多いが、とても立派なことだと言わざるをえない。




ここで「自分なりの〜〜〜」というモノについて考えてみたい。これはどこにでも存在するし、誰にでも持っているモノだと思う。「持論」というのも少なからず、そういった要素を含んでいるはずだ。

身近なところでいうとスマートフォンがある。ホーム画面を見れば、同じようにはなっていないだろう。各個々人が異なるホーム画面を利用しているわけだ。それこそ各自各様になっている。

それはなぜかといえば、自分なりにカスタマイズしているからに他ならない。自分が便利に使えるようにしているのかもしれないし、バッテリーが長持ちするような設定を好む人もいるかもしれない。それこそ人の数だけ、価値観の数だけ、異なるものが存在している。

あるいは、ほとんど初期設定のまま利用している人もいるのかもしれない。それはそれで、カスタマイズの一種だと僕は考えている。いろいろいじるよりも、これが最も便利だという人もいるだろうし、初期設定をイジらない、、ということを美学だと捉えるという人もいるかもしれない。




そんな多岐にわたることも、その各人なりの考え方なり価値観、思想だと言えると思う。これら全ては「自分なりの〜〜〜」と言えるのかもしれない。だけれども、それらは稲盛さんが書籍として販売した情報のそれとは違うはずだ。ではそれはなぜなのだろうか。

それは思うに「自分なり」を深く掘り下げ、より「広義」な「普遍的」価値を持たせたからだと言えるだろう。稲盛さんはこれを体系化するために、いろんな人との議論を繰り返し、検証を重ねてきたはずなのだ。

それでも、出発点はあくまでも「自分なり」ということには変わりはない。この書籍を読んでいても、それがチラホラ垣間見える。これまでの学問としての会計が、自分の腑に落ちなかったというところからスタートしているのだから、それ以上述べる必要はないだろう。




稲盛さんの場合は「経営と会計」という主題で書籍を残した。残すべきカタチとしては非常に立派なテーマである。実際にカタチに残して世間に価値を与えて、その代償としてお金をも生み出している。

このようにして、自分なりの考えからそこまでに至る可能性があるということに他ならないわけだ。スタート地点は自分なり、、でも突き詰めていけばそれが世間に対する価値を生み出すことになる。こんな風に考えると、トライしてみる価値は十分にあると思うのだが、、




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-学び, 読書

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.