やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツール、アプリ

ポイントカードの良いトコ、悪いトコ 〜学びと実行を繰り返すことで知らずのうちに真の実力が備わる〜

更新日:

ポイントカードを山ほど持っている人というのを見かけることがある。そういう人は、財布がはち切れんばかりにパンパンになっている。カードを別にして持ち歩いたらイイのに、、とも思う。

ポイントカードは使いようによっては、実際のお金のように使えるので有用ではあるが、こんな風にむやみやたらと作ってしまうと管理するのがとっても大変なのだ。




このポイントカードというのは、お店や企業が営業努力のために考え出されたものらしいが、最近はどこでもこれを発行するので僕は断るようにしている。いちいち作っていては、先のように財布がパンパンになるからだ。

そして、それに縛られるような店の選び方をしたくない。ポイントがたまるから、、という理由だけではお店を使いたくないワケだ。利用する店は用途で使い分けたいし、ある程度のこだわりもある。それらにポイントという概念によって邪魔されたくないのだ。




そんな、ちょっと煩わしさも感じるポイントカードだが、自分が気に入っている店、よく行く店などのポイントカードは持つようにしている。

頻繁に通うような店なら、知らず知らずのうちにポイントが貯まるようになる。消費者側からのポイントカードのメリットと言ったら、まずこういうことが挙げられるだろう。




先ほどからも述べているので重複するかもしれないが、デメリットもかなり多い、、と思う。やはりまずはじめに「持つ」ということの負担というのがある。例の、、財布がパンパンになるというヤツだ。デカくなった財布はバッグに収納しにくいし、何より財布自体が醜い姿になる。



そして、いざ使うという段になったら、その多くの枚数から探さなければならないワケだ。店を利用するたびにそんなことに見舞われていたら、とてもじゃないけど我慢ならない。




でも、最近では「持つ」とは言っても、最近では実体のあるカードという形態に限定されない。スマホアプリで管理できるものがあったり、ネット上のみで管理されるポイントというのもある。ネットで買い物すれば、自動で付与されて、再度ショッピングする際にそのポイントを使えるのだ。

なので、こういったカタチのポイントであれば、苦労なく使えるのかもしれない。何度も言うようだが、実体のあるポイントカードは極力使わないようにしたいところだと思っている。




また、これも実体のあるカードを所持している場合だが、たくさんのポイントカードを持っていると、どこのモノを持っていて、どこのモノを持っていないか、、などということを把握し切れない場合が大半だ。さらに、利用する店の先々でポイントカード、ポイントカードというものだから、素直に従っていてはかなりの労力を費やされることになる。

そんな声もあってか、最近では共通ポイントカードというのが流行している。言わずと知れた共通ポイントの先駆け的存在のTポイントカード、ローソン系列のpontaカード、楽天のRポイントカード、新しいところでいうと、イオン系列のWAONポイントカードと、、まただんだんと増えてきている。

T-POINT

当初はTポイントだけだったので、一時はありがたい存在になったが、これだけ増えてくるとまた持っているのがイヤになってくる。




あと、ポイントには有効期限がある場合が多い。せっかく貯めても最初に付与された日から1年が経過するとポイントが消滅する、、などというモノだ。ポイントを貯めるためにお店を利用するのではないのだから、そんなことを覚えていられるはずもない。




と、ここまでデメリットを並べ立てたが、メリットらしいことも述べておくことにしよう。お店を利用する頻度や、使ったお金に対するポイントの還元率などを考慮して、ある程度絞り込んでカードを所有していれば取り出すのも簡単だし、抵抗がなければ徐々にたまっていくだろう。それこそ、知らず知らずに貯まっていく。。

ポイントの使い方にも個人的に注意している点がある。数円でも貯まったらその都度使う、、というようなことは僕はしない。細かく使ってしまうと、ありがたみがないし、何だか得した気分になれないのだ。

おまけとしてのポイントなのだから、どれだけ頻繁に利用してもそれほど大きな額にはならないわけで、どうせ使うなら小まめに使うようなことはせずに、貯めに貯めておいてドーンと使うようにしている。

そうすると丸々お金を支払うことなく買えたりするし、その分満足感も大きいワケだ。これまでポイントカードについて考察してきた僕なりのささやかな「流儀」と言ってもよい。




ここで紹介した「僕なりのささやかな流儀」だが、これらを例えたカタチで、少し観点を変えて述べてみたい。

ある技能のスキルや実力でも同じようなことが言えるということだ。学びと行動を繰り返す、、という作業がポイントでいう「貯める」ということ。一方で、スキルや実力が向上したかをチェックすることや、そのチカラを発揮しようとすることを「使う」と例えることにする。

22c18a11a6c3c5625add4189b9cd43e0_s

スキルや実力が向上したかを小まめにチェックすると、向上した感じがしない。せっかく学びと行動を繰り返して、スキルアップの道をまっしぐらに走っているのに、これではいちいちモチベーションがダウンしてしまうというワケだ。「あれだけやったのに、、何にも変わっていない。。」などと気落ちしていては良い成長は遂げられないだろう。




そんなことをチェックすることなく、ひたすら学びと行動を繰り返すということをやっていれば、自ずとチカラが付いてくる。分からないうちにチカラが付いてくる、、というのが理想だ。それだけ学びや行動という実践に集中して取り組むという姿勢が大事だ。

言うまでもないことだが、やっている努力が身を結ぶのかどうかをフィードバックする機会は必要だ。けれども、それを気にしすぎることによって、頻繁にそのチェックだけを行っていると、本当は実を結ぶかもしれないことを、実を結ぶ前にそれらの実践をやめてしまうということになりかねない。




僕はどんな訓練でも、何度も繰り返せばそれなりの実力が伴っていくと思っている。気がついたときにはかなりのチカラが付いているということになる。

そういったところを通過した延長上に、驚くほどの成果を上げられるということになるワケだ。こういったことこそが目指すべき理想像だと、僕は考えている。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-ツール、アプリ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.