やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツール、アプリ

ニュースアプリでお得意のクイズが出題された 〜自分に対するイメージを向上させて自動操縦装置に委ねる〜

更新日:

ある日の朝のこと、スマホアプリのSmartNewsを何気なく見入っていた。食事をしながらだったが、次のような記事が目に飛び込んできた。僕は何かとこういった類の挑発に弱い。。

→1分で解けた人は本物の天才!数字と文字の法則性を見抜くクイズ

1分以内に解けたら天才、、などと考えるとどれだけ難しいのだろうと思った。この日は妙に冴えてでもいたのか、30秒ほどでどういう規則なのかは理解した。実際の設問に答えるのには、もう少しの時間がかかったのだが。。

すんなり解けた。でもこれは完全なマグレ当たりだ。掲げられてるテーマのとおり、1分以内に解けたのだが、とてもじゃないけどこれが解けたから天才だとは到底思えない。ちょっとタイトルが大げさすぎるのでは、、とさえ思った。




・・と、こんなことを思っていて思い出したことがある。以前そんなことを言われたことがあったっけ、、小学生の頃だったか、同級生らに「天才かよ、、?!」などと言われたことがあった。少しばかり学校の成績がイイときにいわれる類のモノ。広くみればそれほどでもないことは一目瞭然のレベルのことだ。

そんな言葉に陶酔してしまうこともできたかもしれない。でも、そんな言葉を間に受けてしまうと、自分がこれ以上成長できない、、というような気が当時の僕にはしたのだった。当時は「もっと、もっと、、」という欲望を持っていた。自分のことを「こんなモノではない、、」などと思いたいという願望があったのかもしれなかった。

bab96f91608f7af78b8c0872f3891f0d_s

そういった思いがあったからこそ、高校へは進学校へ入れたし、大学にもそこそこのレベルのところへ入ることができた。でも、逆にその時の自分のことを過小評価せずに、その気になって陶酔していたらどうだったのだろうか、、と考えることがある。完全にタラレバの仮定の話だ。




以前日本に蔓延していた右へ倣えの社会風潮ではなく、個性を尊重した現在の風潮と照らし合わせてみると、自分の可能性をもっと広げられたのかもしれない、、と考えてしまう。もしかしたら、偉業を成し遂げられたのかも、、と。そんなふうに思ってしまうと、ちょっと残念な気がしてくる。

でも、自分としてはまだまだこれからだと思っているし、そんな気概を今でも持ち続けている。そんな僕のことを愚かだとみる人間がいないではないが、そんなバカな自分も自分なのだ。こんな自分のことを僕は「発展途上人間」と呼んでいる。




どちらにせよ、何かを達成したい時や、何かで成功したいと考えるときには、なりたい自分をイメージすることが何よりも肝要だ。人間というモノはイメージできないものにはなれない。目指す学校に合格できた、資格試験に合格できた、、というイメージを確信に近いカタチで思い描いた人にしか合格はできないモノだ。

aaf4ff0b2f75d147b8758025ae39f6ac_s

だからこそ、それが単なる思い込みだとしても、イメージをしっかりと持つことに重点をおきたい。自分に対するイメージを想定する以上に向上させること、またそのイメージを持続させること、さらにはイメージと現実とが分からなくなるまで、追求することが大事になってくる。

・・というワケで、何かに挑戦しようとするときに、真っ先にやるべきことは、、自分のなかにある自分に対するイメージと現実とを切り離せなくなるような状況を作り出すことだけだ。

それができたなら、あとはハイスペックな自動操縦装置である自分の脳が無意識的にやるべきことや行動に導いてくれる。何はともあれ、自分で意識するべきは、イメージを確立させることだけなのだと述べておきたい。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-ツール、アプリ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.