やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び

人間の脳もパソコンと一緒?メモリ解放が最重要! 〜思いついたらメモすることで脳を活性化させる〜

更新日:

絶え間ない雑音があったり、作業に取り組んでいるのにもかかわらず上司が声をかけてきたり、その他いろんなコトが起こるゆえに、何かに集中して取り組むということが困難になってきている世の中。。

情報過多のこの時代には絶えず、いろんな情報が飛び込んできて人々の集中を妨げる。数年前に比べて格段に便利になっているのは否めない事実だが、一方でこれまではしやすかったことが困難になってきているのも事実だ。




しかしながら、そんな中でももっとも集中することを妨げているものといって思いつくのは何だろうか?!それは自分から出てくる内なる声だという。

人間の脳の中では、いろんなことを思いついては消えている。そして、イイ考えがポンっと浮かぶと、脳の中で考えていることのシェアがそれによって占めることになる。これをマインドシェアという。

そのあとにもドンドンと浮かんでは消えているのだが、前に気になったことが一つあるために、後に浮かんだものが脳内に残らずにすぐに消えてしまう場合が多い。人間の可能性は計り知れないモノがあるというのに、非常にもったいないハナシだ。




創造的なことをするのには、これを打開する必要があるのは言うまでもないこと。そして、これを解決するのには、一つ習慣付けておくだけで良いのだ。それは、思いついたこと、覚えておきたいこと、、が脳内で出てきたらすぐにそれを書き留めておくということだ。

e2d549c3bec5f464092436798b272c00_s

脳をフル回転で動作させるためには、何かにメモするといったことが必要不可欠なのだ。とりあえず書き留めればよい。整理することや分類することは、二の次、三の次でよい。




それをすべき理由としては、何よりも「安心できる」ということが挙げられる。覚えておかなければならないことを、脳の中だけで記憶しておこうとするのには、負担が大きすぎる。

忘れてはいけない、忘れるととんでもないことになる、、などと強迫観念にかられていては、精神衛生上にもよくないことは確かだ。




さらに、一つのことを覚えておこうとすれば、他のことがおろそかになる。普通なら考えられないミスをしてしまうということもありえないことではない。また、本当に集中すべきことに集中できないということにもなる。

パソコンも同時にいくつもの処理をすれば、たちまち動きが悪くなるという経験をした人は多いだろうが、人間にもそれが起こるのだ。普通に一つ一つ片付けていればすぐに確実に終わらせられるものを、同時にいくつもやろうとすると余計に時間がかかってしまったり、やらなくてよいようなミスをしてしまうのだ。

僕はこれを知ってからというもの、考えていることをすぐさまメモするようにして、意識的に脳内から追い出すようにしている。そうすると脳が活性化して、実力以上のチカラを発揮できるようになるというワケだ。




もっと創造的な観点からハナシをすれば、自分のアタマの中を視覚化(見える化)させておくことで、アイデアの幅が広がってくる

アタマの中にあるのだから、同じだろうと思う人もいるかもしれないが、脳内だけで処理するのと脳内から出して視覚化(見える化)させておくのとでは、処理できる情報量が異なるようである。




だから、何か生産的なことに取り組むときや、ココぞという集中したい場合などは、是非とも実践してみてほしいと思う。やることは非常に簡単だが、効果は非常に高い。

100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

僕も何年もこれを続けているが、メモするだけで脳を何か一つのことに集中させられるというのは、非常に気分がイイし、何より気がラクになる。

メモすることを習慣づけるということは、自分の能力を最大限に拡張させる行為に他ならないので、ぜひ実践されたい。

メモをどこかにやってしまった、、どこに入れたか思い出せない、、というのはご愛嬌だ。それは何とか各自で工夫していただきたいと思う。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-学び

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.