やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テレビ

NHK受信料はワンセグだとしても、やっぱり払うべきでしょ?!

更新日:

最近、あるニュースが
ネットをにぎわせている。

ケータイのワンセグにも、
NHK受信料を取ろう
という動きがあるということだ。

籾井勝人NHK会長は
「ワンセグでも受信できる以上、徴収対象だ。
ネットでも見られるようにして、ネットからも取る」
などと言っているようだ。

一部では「一種の横暴だろ?!」
という意見も飛び交っている。

また「観たいものにお金を支払うというのなら
話は分かるが、観ているハズだ、、
という憶測で受信料を徴収する
というやり方が気にくわない」
という意見まである。

確かに、NHKのやり方は、
片側だけからみると横暴と言えるものであり、
観ていないものにお金を支払う義務など
ないだろうと思う。

しかし僕は、この議論は今までのそれとは
ちょっと違った趣きがあるように思えてならない。




NHKの受信料は、
もちろん観ている人が払うべきものだ。

しかし、受信機を設置していないから
払う必要はない、、
という風には言えないと思う。

受信機がちゃんとしたテレビであろうと、
スマホであろうと、何であろうと、
観ているのなら、お金は払うべきなのだ。




なぜかというと、今の時代は、
テレビというものが生活する上で
必ずしも必要なものではなくなってきている
という事実があるからだ。

以前は三種の神器とまでいわれ、
豊かな生活を送る上で
必要なものとされてきた。

しかし、今はネットやスマホが発達してきて、
テレビが必要ではない時代を迎えたのである。

テレビという受信機がなくても、
受信機そのものが、
いろんなものに姿を変えている。

ガラケーの時にもテレビは受信できたし、
フロなどで観られる防水ポータブルのものまである。

スマホでも「TVer」などのアプリを入れれば、
放送された番組を後から見ることもできるのだ。

もはや、
テレビを設置するという感覚が
少しずつ薄れてきているのも無理はない。


これまでは
テレビでいろんな情報を得てきた。

しかし、今は
インターネットがかなり充実してきている。

今、必要不可欠なものと言ったらナニ?!
・・と聞けば、十中八九が「スマホ」と答えるだろう。

このスマホ、、
ガラケーの流れから出てきたものだが、
もともとは電話から始まった。

そしてメールができて、ネットができる。
カメラとしての機能も上がってきているし、
音楽プレイヤーとしての機能もある。
メモすることやスケジュール管理などお手のモノだ。

ここまでのこと、、いやそれ以上のことが
一つの端末だけでできてしまう。


そんな傾向がある中で、
テレビを設置するモノだけが
NHK受信料を払うことになるとどうなるか。。

いずれは、
テレビを設置する
という人が少なくなるだろう。

家庭のお茶の間から
テレビがなくなるのも時間の問題だ。

新しい世代はみんな、
テレビなど設置することなく
テレビの放送を楽しむことができる。

そしてさらに、
その放送自体にも
価値を感じなくなってきているのだ。

そうすれば、
視聴者からの受信料を
主な財源にしているNHKという放送局は、
番組制作ができなくなってしまうわけだ。

一方で、
観ている人がいる以上、
それでは困るという観点がある。

最近終わった「とと姉ちゃん」などの
連続テレビ小説も人気だったようだし、
現在放送中の「真田丸」などの大河ドラマも、
観ている人が少なからずいるのだ。




・・と、こういうことを書けば
「払っていない人がいるなかで、
さらに不公平が広がるじゃないか?!」
という意見が聞こえてきそうだ。

この反論には信憑性があるし、
確かにそうだと思わせるフシがある。

ではまず、この反論をひもといてみることにする。
すると、2つの要素が入っていることに気づく。。

①もともとNHK受信料を払っている人が、
ワンセグなどにも払うことになれば
2重取りになってしまうのでは、、

②払っていない人がいるなら、
先に未納者をなんとかしろよ、、

という2つの要素だ。
これらが入り混じった意見のように思えるワケだ。




まずは、①に対してだが、
NHK事業について、受信料を負担するのは、
「受信設備を設置された全ての視聴者」とある。

そうである以上、
負担するのは設置・ポータブルなどの
端末にかかわらず「人」にかかるものと解釈できる。

だったら、
設置したものとワンセグとの
両方に支払う義務はないだろう。

あくまでもNHKを視聴する
「人」が対象であるということだ。




そして、②については、
問題になるのは「不公平感」だと思う。

払っている人もいれば、
払っていない人がいる。

この2者のあいだで状況が変わらないのに、
二つの選択肢があることがおかしなハナシだ。

この二つの選択肢は、
あくまでも支払う人の良心に委ねられている。

「多くに人が払っているのなら払っておこうか」
という人がいれば、一方で、
「払わなくてもイイのなら、払わない選択をする」
という人もいるのだ。

観ているか観ていないかにかかわらず、
そういった選択が個々の良心によって
決定されているわけだ。

こうなったら、いっそのこと、
強制的に支払う仕組みを作ったらどうかと思う。

あるいは、
受信料を払わなければ観られないようにする、、
という仕組みにすれば良いと思う。

昔からこの議論があるたびに、
子供のころから僕はそう思っていたのだ。。

もっというならば観た分だけ支払う、、
という仕組みにはできないだろうか、、

それについては、技術的な側面があるし、
それをするのにどこが負担するのか
という議論にもなるので
簡単には収束しないハナシだ。




実例を挙げると、
ドイツ公共放送では
受信機課金から世帯ごとの課金に変更した
という経緯がある。

機器への課金だと、
同じ人が重複して払う
ということになりかねない。

しかし、
世帯ごとにするなら
重複することはないのだ。




というワケで、
放送の品質を確保するためにも
視聴する誰もが払うべきだと考える。

みんな払っているのに
「払わない、、」と言っている人が
存在すること自体に、僕は驚きを隠せない。。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-テレビ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.