やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツール、アプリ

ビジネス成功のために「人の役に立つ」こと以外の秘訣はナイ!!

更新日:

今朝、メールボックスを開いてみたら、、
こんなメールが届いていた。

いつもと違う場所からFacebookにログインしましたか?


こんにちは、□□ □□さん

10月27日 1:55にWindows 10用Chromeを使用してアカウントへのログインの試行があったようです。アカウントは安全ですが、このログインを試行したのが利用者本人であることの確認にご協力ください。

これが他の誰かによるものであると思われる場合は、Facebookにログインしてアカウントの安全を確保するためのステップを完了してください。

よろしくお願いいたします。
Facebookチーム


とのことだった。。




ちょっとびっくりするよねー
自分のアカウントにログインして、
いったいどうするっていうんだろう。。?と思う。

何のためにするのだろうか、、
乗っ取る側には何の得もないと思うのだが、、
何かあるとすれば、こちらが困るだけだ。

それを望んでいるのだろうか?
はるか遠くから攻撃して困らせてほくそ笑む。。?
ナント悪趣味だろうか。。
根暗だとしか言いようがない。

人を困らせてやることに生きがいを感じるなんて、
何とかわいそうな人だろう。




人間は誰しも誰かの役に立ちたい、、
と思っているはずだという思想を
僕は持っている。

誰かのためになることをして、
誰かが喜んでいる姿から、
自らの喜びを見出すという考えだ。

ちょっとキレイごとに
聞こえるかもしれないけれど、
言葉足らずで伝わりにくいかもしれないけど、、

本質的には人間ってそういうものだと思う。




先に述べたような人たちは、
誰かの役に立っているどころか、
誰かの足を引っ張っている。

それに「生きがい」を感じているのだ。

人間の本質が誰かの役に立つ、、
ということだとするなら、
まるで正反対の方向でチカラを発揮しているのだ。




ふと、むかし父親が話していたことを思い出した。

まだパソコンが十分に普及していなかったころ。。

ハッカーっていうのがいるけど、
すっごくアタマいいんだろうね〜。

そのアタマをほかのことに使えば、
すごいことできそうなのにな。。


・・うん、確かにそうだ。

遠く離れた場所にある
コンピュータに入り込んで、
基本的には良くないことをする。。

どういう風にやるのかは、
皆目見当がつかないが、
単純に考えてみてもすごい技術なのだ。

今でこそ、
そういったツールが用意されている。

IDやパスワードなどを設定しておけば、
自宅のパソコンから会社のパソコンを操作する、、
なんてことがカンタンにできるような時代だ。

それどころか、
パソコンをスマホで操作する、、
なんてこともできるようだ。

ちょっと調べればできるみたいなので、
興味のある人はググってみてほしい。

でも、当時(今から10年以上は前のことだと思う)
そんなことをできるというのは、
相当な知能を持った人にしか
できないことだったはずだ。

それほどのアタマを持っているのなら、
まっとうに使えばいろんなことができそうだ。




その優れたアタマを使う方向を
「人の役に立つ」方向へ向けたなら
どうなっていたのだろうか?

それは、、

病気を直すことかもしれないし、
持ち運べるような便利なパソコンを
制作することかもしれない。

思い立ったら、すぐに遠くへ旅行する
ことを可能にするためのものかもしれない。

まさに、さまざまな分野で
活かせるアタマを持っているのだ。

「もったいナイ!!」と言わざるをえない。




そしてこれらは、現に実現している事柄だ。

これはすべてビジネスとして確立して、
それを伸ばしていった結果、
今のカタチがある。

その根本には、
「誰かの役に立ちたい」という
思いから始まっているのだ。

どんな小さなビジネスでも、
これは確かに言えることだと思う。

大小はあるかもしれないが、
成功しているビジネスは
全てこれに当てはまっている。

これに例外はない。

これにそぐわないようなビジネスは、
ビジネスとは言わない。。

これ以外は、人をだまくらかして
お金を捲き上げるような行為にあたる。
いわば「サギ」だ。。




つまりは、
ビジネスに必要な要素として、
「誰かの役に立つ」ということが
必須条件として挙げられるワケだ。

・・とするならば、
ビジネスのアイデアを練ろうとするとき、

どんなことをしてお金を稼ごうか、、?
何が稼げるかな〜?
という思考ではなくて、

どんなことをしたら
喜ぶ人がいるだろうか?とか、
アノ人はどんな状況を望むか、、とか、

あるいは、自分の現状を鑑みたうえで
その状況を本当はどうあってほしいのか、、
ということを考える必要があるワケだ。

考えるスジを違えてはいけない。




現在のこの世が
こんなに便利になっているのは、

そういった思いを強く持った人たちが、
自分の夢のため、世の人たちの夢のために、
努力を重ねてきた結果なのだ。

これを真実だとするならば、
成功するための秘策みたいなものはなく、
至極まっとうなこと以外には、
あり得ないと思うのだが、、




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-ツール、アプリ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.