やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テレビ

成功するのに全く新しいアイデアは不要。。人々を魅了する組み合わせを探せ!!

更新日:

主演である織田裕二の語り口調が気持ち悪い、、
とかだったり、推理内容がお粗末すぎる、、などの
悪評が後を絶たない「IQ246〜華麗なる事件簿〜」。

→織田裕二『IQ246』10.1%に視聴率ダウン! お粗末すぎる推理に「IQ246とは思えない」




もともと謎解きが好きなのもあって、
今回のクールで観るドラマの一つに加えようかな、、
なんて思っていた矢先のこと、、

いろんなドラマのキャストが出演する
「オールスター感謝祭2016秋」でのこと。。

同ドラマの刑事役である土屋太鳳さんが
赤坂5丁目ミニマラソンで激走したすえに、
ゴールして倒れた、、というシーンを目の当たりにした。

ゴール時にはもう意識が朦朧としていて、
焦点が定まっていない様子で、
ゴールした直後にフラフラと倒れ込んだのだ。

そんな状況だったにも関わらず、
ゴール後のインタビューで苦しい表情を見せながらも、
しっかりとドラマの番宣をしていたのだ。

この姿に悔しいかな感激してしまって、
ぜひともこのドラマを観てみようと思ったものだった。




しかしながら、先述したとおり、
主演の織田さんの語り口調が気味悪いのもあったし、
肝心の土屋太鳳さんの役柄がヒドい、、

もっとイイ役で出られなかったかな、、
などと思った始末で、、

まぁ、乗りかけた船なので視聴率が
振るわない現在もまだ観続けている。。

ところで、、
主演の織田裕二さん演じる法門寺沙羅駆は、
IQ246という天才で、やることなすこと全てが、
カンタンに思えてしまって楽しいことがないらしい。




それで口癖のように「ああ、暇だ暇だ、、」などとぼやき、
「どこかに私が解くにあたいするナゾはないものか、、」
と続けるシーンがある。

このセリフにはかなりの違和感があるのだ。
果たして本当に頭のいい人間が謎解きなどするだろうか、、
ナゾというモノはえてして答えが存在するモノのことを指す。

そんな答えが用意されているようなコトを、
頭のイイ人間はしないと思うワケだ。


本当にアタマのイイ人間ならば、

誰も解明できないような研究で成果を上げたり、
長いあいだ人類を悩ませる不治の病をなおす薬をつくったり、
誰もが驚くような奇想天外なビジネスを展開したり、、

・・とか、とにかくそういうイメージがあった。


アタマのイイ人がナゾ解きなどやっていては、
楽しいであろうはずがない。

それこそ、暇で仕方ないであろう。

だからこそ、誰もできないようなコトを
やってしかるべきなのである。




ボクらが取り組むビジネスについても、
本来ならば誰も取り組んでいないような、
真新しい分野で何かを確立する、、

・・というのが一般的に考えられている
「起業」だろうと、ボクは思う。

しかしながら、
新しいモノというのはそうそう出てくるものではない。

そして、新しいビジネスというのは、
成功した事例がない分だけイメージが湧かないし、
成功へのレールが皆無でリスクも大きいのだ。

でも、成功した実績のあるコトを、
少しだけアレンジして世の中に出す、、
ということでもビジネスは成立することが多い。

しかも、全く新しい、、
と思われるカタチでの成功が、、である。




iPodという製品がApple社からリリースされているが、
これは何か、、というと普通に「MP3プレイヤー」なのだ。

でも、MP3プレイヤーというのは
それまでにも存在した。。

そして、そのシェアを大きく持っていたのがソニーである。

単なるMP3プレイヤーではないというイメージを打ち立て、
新しいモノだという位置付けを確たるものにしたのは、
Apple社が得意とするデザインを組み込んだからだ。

MP3プレイヤーにデザインを組み込み、
スタイリッシュなカタチでリリースしたからこそ、
爆発的に売れたのだ。

でも、もとは単なるMP3プレイヤーである。




またもやAppleのハナシで申しわけないが、
iPhoneもこの類のヒットである。

スティーブ・ジョブズによる
有名なプレゼンで発表されたので、
アナタも知っているかもしれない。

これは、先に述べた「iPod」
それに加えて「携帯電話」「ネット通信機器」という、
これら3つの機能を一つのデバイスに
集約したモノとして販売したのだ。

これまでに存在していたモノを一つに集約した、、
というだけのことだ。

この画期的な組み合わせと、
スティーブ・ジョブズの見事なプレゼンによって、
人々は魅了されたのである。




だから、まったく新しいモノは
目指さなくてイイし、目指す必要はないのだ。

いまあるモノを、
便利に、、賢く、、スマートに、、
できるモノを考えれば良いのだ。

そのためには、、
人々のリクエストを日々聴いて回ることも大事だし、
自分のなかにある「ホントはどうあってほしいのか、、」
というコトを常日頃から考えていくコトによって、
それは生まれるかもしれないのだ。

ヒョンなことから
ポンっと出てくるアイデアかもしれないのだ。

ボクらは日々、、
チャンスに囲まれて生きていると言ってイイ。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-テレビ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.