やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツール、アプリ

Googleのビジネス手法から学ぶ「無償で提供する」ことの価値・続

更新日:

妻は工場勤めの会社員だ。。 
 
工場の流れ工程の中の作業員でもあるのだけれど、 
従業員の個々人から作業改善のための提案書を 
提出するように指示されているらしい。 
 
でも、勤務内の時間ではできないようだ。。 
 
勤務時間内は作業にかかりっきりなので、 
自宅に持ち帰って提案書を作成している。 
 
まぁ、これだけでも十分に 
労働基準法に抵触しているような気がするが、、 
 
とりあえずここでは目をつむることにする。 
 
 
 
 
妻はブラウザを立ち上げてネットをする以外には、 
ほとんどパソコンを使わない。。 
 
だから提案書などを作成するために 
必要と思われるワードやエクセルなど 
のソフトは入れていない。。 
 
でも幸いなことに自宅では 
ボクも妻もiMacを使っているので、 
WindowsのWordに相当するPagesや、 
Excel表計算のNumbersが入っている。 
 
だから提案書を作成すること自体は可能な状況だ。。 
 
 
 
 
このようにして作成したファイルは、 
会社で直上司が少し手直しをしてから、 
会社に提出するらしい。 
 
なので、互換性がネックになってくる。 
 
Macで製作したファイルは、 
おおむねWindowsでは文字化けや 
体裁崩れなどを起こすことになる。 
 
その辺を考えると「どうしようか、、?」 
などと困っていたのだが、 
調べてみると、Office関連の無料ソフトも 
けっこう出回っているようだった。 
 
 
 
 
じつは、以前からその存在は知っていて、 
ボクも使ったことがあった。 
 
それはOpenOffice、、 
という名のフリーソフトだった。 
 
一応作業上は使えるのだが、 
ここでネックになるだろう「互換性」という部分には 
全くと言っていいほど見劣りしている。 
 
本家のワードやエクセルなどの拡張子にしてから、 
実際に開いてみると必ずと言っていいほど化けるし崩れる。。 
 
調子よくひらけた試しがない、、 
というほどだ。 
 
そう考えると、OpenOfficeは使えない、、 
 
 
 
 
このイメージがあったので、 
最近調べたことがなかったのだが、 
ふと検索してみるとまた違う無料Officeが 
リリースされていることが分かった。 
 
「LibreOffice」(リーブルオフィス)、、 
というものだがコマンドなど基本は英語だ。 
 
でも、日本語にするバッチをあてれば 
日本語で動作する。。 
 
そして、使ってみると分かるのだが、非常に多機能、、 
 
ボクは現在勤めている会社では 
デザイン関連のAdobeのソフトを使用しているが、 
そういった作業ができるのではないかと思うくらいに、 
いろんなことができるし融通性があるように思えた。 
 
 
 
 
ワードでは、テキストボックス内の文字を 
上下中央に配置するということがなかなかできない。 
・・ついにはできるのかどうか、分からずじまいだ。 
 
それが、LibreOfficeでは感覚的にできた。 
 
その他細かいところに手がとどく仕様になっており、 
ホントにこれが無料でイイのか、、? 
と思えるほどだった。。 
 
こういうモノがなぜフリーで提供できるのか、、 
という疑問が残るがこれについては今は言及しない。 
 
 
 
 
一方で、 
Officeソフトに対するボク自身の向き合いかた、、 
というのはまた少し異なる。 
 
ボクは会社では先にも言ったように 
デザイン関連のAdobeソフト、、を使っている。 
 
具体的にはメジャーなところでいえば、 
Illustrator、Photoshopというソフトだ。 
 
ビジネス文書関連のソフトは 
ハッキリ言って必要ないので購入していない。。 
 
そして、個人的には、 
自宅で作業するのはネット関連のことが多い。 
 
このようにしてブログなどの記事を書いたり、 
メールを設定したり、、という作業だ。 
 
 
 
 
さらに、会社ではWindows、自宅ではiMac、、 
そして外出先では安価なChromebookを使っている。 
 
このように多種のOSを使っていると、 
ソフトに依存するモノはショージキ使ってられない。。 
 
いちいちそれで作業が止まってしまうのが、 
苦痛で仕方なくなるのだ。 
 
 
 
 
そんな状況を考えると、候補に上がってくるのが、 
クラウドアプリと呼ばれるモノだ。 
 
Office関連のアプリでいうと、 
マイクロソフトのOffice365というのがある。。 
 
さらに、必要最低限の機能でよいのなら、 
Officeオンラインというのが無償で提供されている。 
 
驚くことに、、 
これがマイクロソフト本家のアプリだということだ。 
 
単純にOfficeを無償で利用したい、、 
という人ならこれがイチオシだと思える。 
 
 
 
 
でもボクの場合はGoogleのアプリを使う。 
 
なぜなら、もともとGoogleのアプリなだけあって、 
Googleドライブとの連携がかなり便利だからだ。 
 
例えば、、 
ワードに相当するGoogleドキュメントを開いて、 
何かモノを書いたらもうすでに自動で保存されている。 
 
しかもGoogleドライブに、、 
 
このGoogleドライブをメインで使っているボクにとって、 
これほどイイものは他にナイ。。 
 
 
 
 
使う場所や使う端末を選ばずに利用できるというのは、 
ボクの生き方に合っている。 
 
細かくいうなら、キーボードのあるなし、 
使い勝手のイイ悪いで作業性は左右されることはあるが、 
どこにいても文章は書けるし、思考を深める作業もできる。。 
 
このサービスがあって、ホントに良かったと思う。。 
 
 
 
 
近ごろ、エバーノートが有料化した。。 
 
私たちは便利なモノを提供しています。 
無償で提供することは続けますが、 
ヘビーユーザーはお金を払って利用してください。。 
 
という意味だ。 
 
クラウドサービスとは本来、 
こういった仕組みで利益を生むモノなのだから、 
誰も文句は言えない。。 
 
 
 
 
でも、現在流行しているどのサービスも 
いずれは有料化するかもしれないと思うと、 
少し怖くなる、、 
 
そんな状況では、最低でも、 
いずれか一つは契約することになるとは思う。 
 
そのときにはボクは、 
間違いなくGoogleと契約することになるだろう。。 
 
言わずもがな、、Googleの戦略勝ちである。。 
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-ツール、アプリ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.