やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お金に対する考え方

お店を利用するのに身分証明書が必要、、な社会にしたいか?!

更新日:

レストランなんかで閉店時間を過ぎても、 
帰ろうとしないお客さんがいて迷惑しているらしい。 
 
少し前に2ちゃんねるで 
「閉店時間過ぎてるのに帰らないやつなんなの?」 
というスレッドで一時にぎわったというのだ。 
 
https://news.careerconnection.jp/?p=28638 
 
 
 
 

ラストオーダー終わったらできるだけ早く帰ってくれ。他に何組もいるならわかるけど、あんたらしかいねーんだ、ラストオーダー終わって誰もいなきゃ閉めれるんだから…

 
 
というのも中にはあったらしいが、 
こんなコトを言うのは、ほぼ確実にその店で雇われている 
アルバイトかパートの雇用形態の人間だろう。 
 
店側の人間はまさか言わないだろうし、 
正社員の言葉でもないだろうと思う。 
こんなコトをいう社員がいたら世も末である。。 
 
そもそも、ラストオーダーというのは、 
あくまでも料理提供の機会が最後だというのであって、 
早く帰れ、、の合図ではないハズだ。 
 
もしも帰れの合図だというのなら、 
閉店時間は何のためにあるのだ? 
 
そこまでの時間までいられるということで、 
そのお店を利用しているのだから、 
そんなコトをいわれる筋合いはナイ。。 
 
 
 
 
一方で、 
オーダーせずに長時間にわたって居座る、、 
というのはお客のほうの問題である。 
 
居酒屋ではないのだから、食事が終わって、 
せいぜい1時間くらいが限度ではないだろうか? 
 
でもドリンクバーなど 
何らかのバイキング形式を 
採っている場合はその限りではない。 
 
何度もお代わりしてイイよ、、 
というコトを売っているのだから、 
長時間いても問題ないハズである。 
 
これにはスペースの提供も含まれているハズだからだ。 
 
 
 
 
でも、こう書いてしまうと、 
一方でこれもフェアではない気もする。。 
 
ドリンクバーだからと言って、 
3時間も4時間もいてもらっては店として困るだろう。。 
 
空いている時間帯ならまだしも、 
繁忙時間にもスペースを占領する、、というのは、 
お客さんとしてもかなりいただけない。。 
 
 
 
 
ところで、、 
上記Webページで少し気になったことがあった。。 
 
閉店時間を過ぎても 
帰ろうとしないお客さんに対して、 
店員さんが対応できないというのだ。 
 
「閉店だから帰ってくれ、、」 
のひと言が言えない。。 
 
そういった言葉を口にできない人、、 
というのはもちろんいるだろう。 
 
だが、問題はそこではない。。 
 
そういうコトを言うと、 
「追い出された!!」などと 
ネットで風評されるのをきらう店側が 
手をこまねいているという状況らしい。 
 
 
 
 
これではイケない、、と思った。。 
閉店時間に帰れ、、と言うのは 
店側として当然の対応だ。 
 
あらかじめ閉店時間を定めているのだから、 
お客さんはそれを守って然るべきである。 
 
でも、現代のネット社会ではそれが許されない。 
 
ネットで書き込みされるのが怖いから、、 
と店の主張を通せないでいるのだ。 
 
 
 
 
これでは完全に不平等としか言いようがナイ。 
 
ネットは匿名で投稿できる。 
でも、名指しをしてしまったら、 
そこに上下関係ができてしまうのだ。 
 
店側はこのお客さんがおかしな人だった、、 
などとかけないのだから。。 
店側が一方的に批判の対象になるというコトになる。 
 
そうなれば、どんなに理不尽な人間がお客さんでも、 
こびへつらう態度を取らなければいけなくなる。 
 
 
 
 
そもそも、お客さんとお店で、 
どちらがエラいとかエラくない、、 
などということはあってはならないと思う。 
 
お店がサービスを提供するのに対して、 
お客さんはお金でそのサービスを買う、、 
単純に「価値の交換」をしているだけに過ぎない。 
 
現代はお金を持っている側が、払う側が 
エラいというフシがあるように思えてならない。。 
 
 
そのむかしは物々交換をしていた時代がある。 
 
食物などは保存が難しいからと支障があるとして、 
工夫がなされたすえに貨幣制度ができたワケだ。 
 
だからお金はその価値を交換するための 
受け渡しのためのツールでしかない。 
 
お金自体に価値はない。 
お金というのは単なる情報でしかないのだ。 
 
 
この関係は、発注者と受注者にも言えるし、 
雇用者と労働者の関係にも言えることである。 
 
エラい、エラくない、、はない!! 
あくまでも同等な関係として考えるべきなのだ。 
 
 
 
 
シンプルに価値の交換をしているのが 
経済活動の健全な姿であるといってイイ。 
 
そこに何か余計なモノや概念がくっつくから厄介なのだ。 
 
店舗側が提示した閉店時間に帰らないというのは、 
ボク的には理解しがたいものがある。 
 
戦後の日本や現在の中国ではないのだから、 
その辺のモラルは守って然るべきだ。 
 
何か言われたらネットに書くと脅したり、 
後でネットにでも書き込めば店も黙るだろう、、 
などと考えているのなら、厳罰に処されるに値する。 
 
それはすなわち、、 
経済活動に待ったをかけるのと同等の行為だからだ。 
 
 
 
 
ネットの書き込みが不平等を生むというのなら、 
匿名で店を利用できない社会ができても不思議はナイ。。 
 
そうなれば、 
お店を利用するときに身分証明書を提示することになる。。 
 
うわー、メンドくせー!! 
 
こんな状況にならないためにも、 
モラルは守っていただきたいと思うのだが、 
アナタはどう考えるだろうか、、? 
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-お金に対する考え方

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.