やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画

映画「ルーム」から学ぶフォーカスするコトの大切さ

更新日:

先日は「ルーム」という映画を 
観たコトをここでおハナシした。。 
 
今日は、この映画を観たことで、 
ボクが最も印象に残ったセリフを紹介したい。 
 
 
 
 
生まれてから5年間、 
一度も外出したコトのない男の子が、 
ようやく外の世界に触れたとき、 
これまでの生活との違いについてこう言った。 
 
世界はとても広いところだ。だから、時間が少ない。 
バターみたいに薄くのびてるから、みんなこう言う。 
「急いで、早くやって!」「もっとペースを上げて!」 
 
 
 
 
普段からこの世界で生きている自分には、 
とてもじゃないが出てこない言葉だと思った。 
 
男の子はそれまで、 
小さな部屋でしか生きてこなかった。 
 
でも、外出できるようになって世界が拓けた、、 
と一度は思ったがイイコトだけではないコトに気づく。 
 
いずれこの子はこんな言葉を口にするまでになる。。 
「小さな部屋にいたときの方がよかった、、」と。 
 
大きくて広い世界を観てしまったがゆえに、 
小さな世界が軽んじられているのではないか 
・・と、男の子なりに疑問視しているのである。 
 
 
 
 
ボクらの生活のなかでも、 
これと似たことが言えるのかもしれない。 
 
世界は広くて、いろんなモノ・コトが溢れかえっている。 
 
多くのモノを目にするがゆえに、 
一つ一つがちっぽけに思えてくる。 
 
小さなことがくだらないもののように思えてくる。。 
 
でも、人間というのは、 
そうなってしまってはいけない。。 
 
 
 
 
自分の周りで誰かが亡くなったとしたら、、 
どんなにか悲しいことだろう。 
 
でも社会全体から見たら、、 
「一人の人間が死んだ」というコトにすぎない。 
 
しかし、 
どんなに大きいモノも 
小さなモノの集合体だ。。 
 
 
 
 
Amazonが一世を風靡し始めてもう何年にもなる。 
 
今でこそ巨大なマーケットが実現しているワケだが、 
もとは小さなネットショップだった。 
 
ボクはそれが小さなときから知っているが、 
Amazonはもともと書籍しか扱っていなかった。 
 
新品の本はともかく、中古本が検索して探せる、、 
というのは画期的でそのころからよく利用していた。 
 
現在のように繁栄を極めたAmazonの背景には、 
スタート時に一人一人の顧客に対して、 
誠心誠意のサービスを心がけたのだと思う。 
 
だからこそ、ここまでの 
ビッグマーケットを築けたのだ。 
 
 
 
 
だから何をするのでも、 
小さなことをおろそかにしてはならない。。 
 
というか、小さなコトの積み重ねが大きなコト、、 
という原理原則を忘れてはならないのだ。 
 
初めから「大勢の客」を相手にしてはいけない。。 
そもそも「大勢の客」というのは存在しない。。 
 
なぜなら「大勢の客」というのは、 
もとを正せば一人一人のお客さんの複数形なのだから。。 
 
フォーカスするべきは 
「一人のお客さん」なのだ。 
 
 
 
 
こんなふうに大きなことをしようとするあまり、 
大きなところだけを見てしまっていると痛い目にあう。 
 
夢や目標はデカいほうがイイけれども、 
大きいものであればあるほど、 
フォーカスがブレやすくなるのは周知のとおりだ。 
 
大きなモノのうち小さなモノを一つ見つけて、 
フォーカスを合わせたほうがずっと確実でラクだし、 
近道なのだということをアナタには忘れないでもらいたい。 
 
 
 
 
当然のことながら、これほどに大事なコトを 
あらためて気づかせてくれた貴重な映画になった。。 
 
「ルーム」という映画は。。 
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-映画

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.