やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツール、アプリ

近年におけるスマホアプリの著しい進化に見え隠れする光と影。。

更新日:

ボクは連日「将棋ウォーズ」をやっている。 
 
将棋ウォーズというのは、 
スマホアプリの将棋ゲームだ。 
 
 
 
 
つい先日、我ながらイイ将棋を指せた、、と思ったので、 
その棋譜(きふ;手順の記録)を記録しておこうと、 
「棋譜をツイートする」ボタンを押してみた。。 
 
すると、以前はツイッターだけだったのに、 
ツイッターのほかに、メールで送信、Evernoteに保存、 
Facebookでシェア、、などもできるようになっていた。 
 
以前の流れからツイッターに呟いてみたりしたが、 
Evernoteにも直接保存しておいた。 
 
以前ならツイッターに呟いたあとに、 
いちいちブラウザで開き直して、 
クラウド保存領域にアップしていた。 
 
今後はツイッターを通すことなくEvernoteに 
保存できて便利なので多用することになるだろう。 
 
 
 
 
このようにスマホはどんどん便利になる。 
 
こういった類のコトはボク自身、 
いろんな媒体で何度も書いている。 
それでも書ききれないほどに進化の度合いが激しい。。 
 
先日のクイズ番組で「これは何に使うものか?」 
というのを当てる問題が出ていた。 
 
スマホが入るくぼみのようなモノがあって、 
本体は三角屋根のような形状をしている。。 
 
実はこれ、スマホをスキャナー化して、 
古い写真を便利にデジタル化する、、 
というモノなのだ。 
 
 
 
 
使い方は、撮りたい写真の上に、 
スマホを装着したそれをおいてカシャっとやるだけ。。 
 
撮影した写真がテカらないように 
光を当てる方向を変えて2回撮りしたうえ、 
アプリ内で合成するらしい。 
 
正直いうと、これは非常に便利だと思った。 
 
取っておきたいものを半永久的に保存できるし、 
これが手軽にできるからなおのことうれしい。 
 
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1056544/062000033/?rt=nocnt  
 
 
 
ところで、、 
この商品をネットで探しているうちに、 
スキャンアプリというのを目にした。。 
 
なにやら何種類かのアプリを比較した 
レビュー記事などがたくさんあった。 
 
ちょっと読んでみると、 
スマホで撮影して何度かタップするだけで、 
綺麗に取り込めるという。 
 
 
 
 
スマホで撮影するときは、 
どこかしらの光が写り込んでしまうのが常だ。 
 
光が映らないように撮ろうと思ったら、 
斜度のある写真になる。。 
 
でもこれらのアプリでは、 
斜度のついた画像を自動で平面にしてくれるのだ。 
 
もちろん写真などは、 
先ほどのツールを使ってやるのがイイと思うが、 
文書程度のものであればこれらのアプリで十分だ。 
 
 
 
 
これまでのスキャナーの存在価値は 
ほぼなくなってしまったような感じといえる。 
 
印刷されたもののスキャンであれば、 
撮ったあとに文字認識までするというから驚きだ。 
 
写真から文字を読み取って、 
テキスト化してくれる、、 
というコトである。 
 
 
 
 
ボクもさっそく試してみたが、 
使い勝手はとてもカンタンだった。。 
 
ボクが愛用しているGoogleドライブなどにも 
カンタンにアップできる。 
 
ただ、文字認識はあまりうまくいかなかった。。 
ちょっとしたコツがいるのだろうと思うが、、 
 
 
 
 
以前だったらパソコンを立ち上げて、 
スキャナーのスイッチを入れて、原稿を台に置いて、、 
などという手間があった。 
 
これはこれで発表された当初は驚きの技術だった。 
 
スマホアプリで撮るスキャンは 
それをはるかに凌ぐモノになっている。 
 
デスクにおいてアプリを立ち上げて 
カシャってやるだけなんだから、 
かなりの時短になっているはずだ。 
 
モノの30秒もあればスキャンしてアップする、、 
ということができてしまう。 
 
 
 
 
このようにスマホは 
時間短縮にかなり役立っている。 
 
ビジネス用途においてもかなり使えるモノが多い。 
 
スマホが登場したことで便利になって、 
同時並行的にアプリ開発が進む。。 
 
時間短縮をはかれるモノが多種多様にある。 
 
 
 
 
しかし、これは目的意識を 
しっかりと持っていないとヒドいことになる。。 
 
これらのアプリのなかには、 
無料ゲームというのも存在しているからだ。 
 
遊ぶと確かにオモシロイ、、 
でもこれが下手にオモシロイからガンになるのだ。。 
オモシロイから何度も何度もプレイすることになる。 
 
するとお金をかけて、、となる。 
 
そこまでいかなくとも、 
無料で遊べる他のゲームをダウンロードしておけば、 
そちらを遊んでいるうちにゲームのライフが回復している。。 
 
こうなると無限に遊べる、、となってしまう。 
 
 
 
 
自分で意識的に制御しなければ ”無限に” 
それらのゲームに時間を費やすことになるのだ。 
 
これは通算するとけっして無視できない時間になる。 
 
これらの時間をそのまま、 
自分のスキルアップや勉強、ビジネスなどに 
投資するならば相当な成果をもたらすだろう。 
 
一つのことを極めようとするならば、 
たいてい1万時間が必要だと言われる。 
 
1日3時間投資したとしてもザッと計算して10年かかる、、 
とてもゲームなどに時間を使ってはいられないのだ。 
 
こんなことを惰性でやっていては、 
何かを成し遂げることからは確実に遠ざかる 
ことになるのでアナタは注意してほしい。 
 
 
 
 
ということもあって、ボクはやたらと 
ゲームアプリを入れないようにしている。 
 
入れてしまうと何かしら目について、 
遊んでしまいかねないからだ。 
 
そんなことを言ってるアンタも 
将棋ゲームをやっているではないか、、 
と言われてしまいそうだ。 
 
たしかにそれはそうなのだが、ボクは無料でできる範囲内、、 
すなわち1日あたり3局まで、、と決めている。 
 
 
 
 
こうでもしないと自分で制御できる自信がないのだ。 
 
人間とはそれほど弱い生き物なのである。。 
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-ツール、アプリ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.