やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テレビ

年末のNHK「紅白歌合戦」はどういう形態をとるべきか?

更新日:

つい先日、あるニュースが世間をにぎわせた。 
年末に放送される「紅白歌合戦」の 
出場歌手たちが決定した。。 
 
「とと姉ちゃん」の主題歌を担当した宇多田ヒカルや、 
KinKi Kidsらの初出場が決定した一方で、 
ベテラン歌手の和田アキ子さんが 
出場回数40回を目前にして選出されなかった。 
 
本人も出場を楽しみにして様子で、 
選出されないことに悔しさを表すコメントをしていた。 
 
また、細川たかしさんが 
今期の出場をもって紅白を卒業すると宣言した。 
 
 
 
 
大トリを何度も務めた北島三郎さんが 
紅白卒業したのが3年前のこと。 
 
徐々に世代交代が図られているのが 
ハッキリと分かる。 
 
主催のNHKも、 
世代交代をかなり意識しているようだ。 
 
大御所と呼ばれるような歌手たちを 
どのように扱っていくのか、 
アタマを悩ませてきたようだ。 
 
演歌がすたれてポップスが流行りだしたころ、 
新曲を発表しないような演歌歌手たちがなぜ出場するのか。 
 
さらになぜ大トリなどのポジションを務めているのか 
、、と訝しげに思った時代もあった。 
 
 
 
 
でも、毎年年末に放送される 
紅白歌合戦を楽しみにしている人たちは演歌を聴きたい。 
 
なぜなら単純にそういう世代の人たちが観ているからだ。 
 
若い世代の曲が流行っているのは否めない事実だが、 
若者たちは当の紅白歌合戦を見ないという事実もある。 
 
そんな世代に合わせる必要があるのか 
、、ということも判断しなくてはならない。 
 
 
 
 
今回の和田アキ子さんの不出場について、 
さまざまなテレビ番組で議論がされていた。 
 
女性の出場者のなかでは出場回数が 
トップの彼女を出場させないというのは非常に残念だ 
、、という意見が多数あった。 
 
年末に紅白を観る世代には 
出場してもらわないといけない存在だったのだ。 
 
 
 
 
しかし、どちらかというと、 
和田アキ子さんというのは好き嫌いの意見が 
真っ二つに分かれる歌手でもある。 
 
彼女の歌声が好きな人は 
めっぽう好きなようだが、嫌いな人は嫌いだ。 
 
その素直さが裏目に出て、 
人のことを悪く言うスタンスが 
多くの人に受け入れられないらしい。 
 
日曜日の昼に放送される 
「アッコにおまかせ!」をたまに観るが、 
そこでも大人気ないなーと思う発言を 
けっこう連発していたりするのが気になっていた。 
 
こんな具合に好き嫌いの分かれる歌手を 
少しずつ外しているのではないか 
、、と言う意見もあった。 
 
 
 
 
まぁ、発言するのは 
その人それぞれの意見だから、 
いろんなコトがあるのは分かる。 
 
でも、NHKの判断としてはどんなだったのか 
、、というところは分からない。 
 
判断基準など発表もされないだろうから、 
真意をうかがい知ることはできない。 
 
 
 
 
いま流行っている人たちを出場させれば、 
「見ようかな?」という若者が増えるかもしれない。 
 
ボクも実をいうと、、 
あまり熱心には紅白歌合戦を観ないほうだ。 
 
どこか違うチャンネルの番組を観ていながら、 
たまーに「いま誰が歌ってるかな」などといって 
チャンネルを合わせるくらいだ。 
 
興味が出なければ、 
また違うチャンネルを周遊する。 
 
 
 
 
一時は紅白歌合戦以外には 
観る番組がなかったという時代があった。 
 
しかしながら、今ならどのチャンネルでも、 
そこそこ面白い番組をやっていたりする。 
 
格闘技のモノやバラエティなど、 
さまざまなジャンルの番組が放送されているのだ。 
 
だから、必然的に分散する。 
 
 
 
 
さらにいえば、常々いっていることだが、 
いまやテレビに固執する理由もなくなっている。 
 
ネットで放送される番組などもあるし、 
Youtube動画などもある。 
 
頑張ってみても退屈することのない 
世の中になってきているのだ。 
 
 
 
 
だから、わざわざ紅白歌合戦を観なくても、、 
という人が増えても致し方ないことなのである。 
 
しかも、今でも視聴率が40%を超えている。 
 
今の時代にこれだけの視聴率があるのなら、 
十分ではないかと思えるほどだ。 
 
いろいろと騒がれることの多い紅白歌合戦だが、 
かなり健闘しているのではないかというのがボクの見解だ。 
 
 
 
 
NHKが取るスタンスとしては、 
幅広い世代に受ける番組づくりではなくて、 
それを観るコアな層に対してフォーカスした方がイイと思う。 
 
ボクも一時は流行に合わせたチョイスをして欲しいなー 
と思ったこともあるが、結局は観ていないのだ。 
 
紅白歌合戦はそういうモノなのだ、、 
というポジションでもイイだろう。 
 
観ている人がより一層楽しめる 
番組づくりをしていってもらいたいと思う。 
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-テレビ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.