やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テレビ

勇者ヨシヒコに学ぶ「使命」にフォーカスした人生観

更新日:

もう今年もわずか2週間、、 
という時期に迫ってきている。 
 
こんな時期はテレビ番組も 
次から次へと終わっていくので、 
ちょっと寂しい感じがする。 
 
 
 
 
現在放送中の「勇者ヨシヒコ」 
シリーズが個人的に好きなので観ていたら、 
気になる点があったのでシェアしておきたい。 
 
カボイの村出身の勇者ヨシヒコら一行は、 
ひょんなことから現代の東京にたどり着いた。 
 
 
 
 
現代人に紛れて旅の格好をしていると、 
魔王にその動向がバレてしまうので、 
まずは服装を変えた。 
 
また、公園のベンチで寝泊まりしていると、 
お巡りさんに注意喚起され、 
不動産屋で部屋を借りるよう促されたりする。 
 
元々は魔王を探すために借りた部屋だったのだが、 
クーラーの涼しさが妙に心地よく、 
魔王を探しに外出する気になれない。 
 
 
 
 
そのうち冒険で貯めたお金もそこをつくというころ、 
お金を稼ぐためにヨシヒコは居酒屋でのバイトを始めた。 
 
そんなバイトを意気揚々としていたヨシヒコだったが、 
その店のお客さんとして来ていた仏さまに接客した。 
 
仏さまというのは、 
冒険の指南役に当たるキャラクターで、 
本来は現代の人間ではない。 
 
 
 
 
ヨシヒコの堕落ぶりを見かねた仏さまは、 
目的を問いただすべくヨシヒコに聴いたのだった。 
 
「ヨシヒコよ、お前の仕事は何だ?」と。 
 
純なヨシヒコはそれに対し 
「オーダー、配膳、厨房・トイレの掃除まですべてです」 
と答えた。。 
 
 
 
 
そうではないだろう、、 
お前の仕事は魔王の城を探し出して 
魔王を倒すことのはずだ、、という仏はいう。 
 
それに対してもヨシヒコは 
「家賃を払わないと生活もままならず、、」と力説する。 
 
 
 
 
「この街は食べるモノも美味しいし、 
 部屋も涼しいし、電車もクルマもあって便利だ。 
 そんな便利な世の中で私はどうやって 
 魔王を倒せばイイというのですか?」 
 
その言葉に呆れた仏は、 
当たった人を改心させる仏ビームを放つ。 
 
 
 
 
それにより我に返ったヨシヒコは、 
故郷であるカボイの村が魔王に滅ぼされることなく、 
平安をもたらすという旅の本来の目的を思い出す。 
 
「我々は間違っていた。豊かな生活に溺れ、 
 魔王を倒すという使命を忘れていた、、」と、 
心をあらためて本来の目的を 
遂行するようになったというワケだ。 
 
 
 
 
現代はとかく便利すぎる。 
 
そんな世の中で大きなことを成そうにも、 
このヨシヒコのように便利で豊かな生活に 
溺れてしまうという危険性が大いにある。 
 
むしろ意識的に 
そんな思いに対抗していかなければ、 
溺れ死んでしまうのがオチだろう。 
 
 
 
 
普通に生活するだけなら、 
それがいちばんラクな方法なのだが、 
それだと現代では何ともつまらない人生になる。 
 
普通に生活して生きながらえる時代はもう終わった。 
 
生きていくだけでも 
精いっぱいの時代が以前はあっただろうが、 
いまはもうそんな時代ではない。 
 
 
 
 
ならば、なにか志を持って生きるのが、 
現代に生きる人間にとって賢明な選択だと思う。 
 
ヨシヒコの使命は、世界に暗雲をもたらす 
魔王を倒して平穏な世の中に戻すということだ。 
 
そんな「使命」とまでいかなくても、 
自分がこの世に生きたという証を打ち立てていく 
意識を持つことはとても大事なことだと思う。 
 
 
 
 
実際に後世にいいカタチで 
名前を残せるのならそれに越したことはないが、 
そこまでいかなくとも自分自身がよく生きた、、 
と思える何かを打ち立てていきたいと思っている。 
 
ボク自身がかなり昔から思っていたことだが、 
死ぬときにどのように思うかが 
その人生の良し悪しだと考えていた。 
 
その考えは、今でも変わっていない。。 
 
 
 
 
充実した人生だった、、 
いつ死んでも悔いはない、、 
こんな風に思える人生を送れるかどうか。 
 
こんな価値観で日々 
生活していきたいと考えているワケだ。 
 
 
 
 
だからこそ、日々の暮らしの中で、 
やりたいことを優先してやるべきだ。 
 
今は我慢しておこう、、などと思っていると、 
いつまでたってもそれができないままで、 
終わってしまうかもしれないのだから。。 
 
 
 
 
自らが思い描く理想像を 
どんなカタチで打ち立て、 
それをどれだけ具現化できるか、 
そんな意識で過ごすことをオススメしたい。 
 
こんな風に考えれば、 
明日死んでもイイと思える人生が 
もっとも良い人生になると思えるだろう。 
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-テレビ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.