やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テレビ

罪人に仕立て上げるシステムに対抗するASKAさんの意図

投稿日:

「え。釈放?なんで??」 
 
 
覚せい剤使用の疑いで逮捕されたASKAさんが、 
嫌疑不十分で不起訴処分になって釈放された。 
 
ショージキいうとボクはかなり驚いた。 
 
真実がどうかは知る由もないが、 
世がASKAさん批難で溢れかえっていたからだ。 
 
 
 
 
ASKAさんは、もう完全にクロだ 
としか思えないような発言が 
そこかしこであったということがその理由。 
 
一般人には真相を知る術はないのだから、 
流れてくる情報に頼らざるをえない。 
 
もう大多数の人間がASKAさんをクロだと思い、 
やっぱり覚せい剤は辞められないんだね、、 
くらいに思っていたはずだ。 
 
 
 
 
でも、証拠がないということで、 
罪は認められずに釈放となった。 
 
これで「あー、よかった、よかった」とはならない。 
 
そもそも、 
こんな事態になった経緯はどうだったかというと、、 
 
ASKAさん自身がApple IDを乗っ取られるという 
被害を受けているので対処してほしいと 
警察に自ら連絡したことから始まっている。 
 
 
 
 
言動がおかしいので疑いありとみて、 
尿検査するまでは「まぁアリかな」とは思うモノの、 
その検査自体が整然と行われていなかったという。 
 
採取するところもしっかりと抑えていないうえ、 
少量だったからと嫌疑に必須の検査を行わなかった。 
 
それでいて、 
ASKAさんがクロだというのだから話がおかしい。 
 
 
 
 
こんなふうに整理してみると、 
もうメチャクチャだと言わざるをえない。 
 
ASKAさん自身も警察のあり方について 
「(陽性ではなくとも)陽性にされてしまう」 
と危惧していたようだ。 
 
ずさんな捜査が明確になった 
一大事件だといっても言い過ぎではない。 
 
 
 
 
絶対的な正義を追求するはずの警察で、 
何か「別の意図」が働いていたということになろう。 
 
今回の事件ではASKAさんを無理やり 
罪人に仕立てあげようとしたと見られても仕方ない。 
 
意図的なのだから、 
これまでにもあったえん罪よりもタチが悪い。 
 
 
 
 
でも、こうして考えると、 
これまでのえん罪にもこのような「別の意図」 
があったのかもしれないと思えてくる。 
 
警察も人間だから間違いはあろうけれども、 
つじつま合わせのために都合のよいシナリオを 
オリジナル創作するのは辞めにしてもらいたい。 
 
 
 
 
この事件では、 
マスコミ報道のあり方にも問題が浮き彫りになった。 
 
まだ罪が確定していない状況のなかで、 
完全に罪人扱いをしていた。 
 
この事件についていち早く報道した 
「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に対し、 
福岡にいるASKAさんの父親がもう一度詳しく 
調べてなおしてほしいと依頼したようだ。 
 
 
 
 
しかしそんなことは完全に無視して、 
宮根さんは「ASKAさんは覚せい剤やってますよ」 
とその父親に断定的に話した。 
 
これはもう完全に罪人の扱いだ。 
 
そして、ASKAさんがもし罪人だったとしても 
許されないことを「ミヤネ屋」はやっている。 
 
 
 
 
ASKAさんが逮捕された当日、 
当番組に出演した芸能リポーター・井上公造さんが、 
ASKAさんから送られていた未公開音源を 
許可なく放送してしまったのだ。 
 
放送終了後にはASKAさんから 
「曲流しちゃダメだって」と指摘を受けるも 
誠意のある対応は取られなかったという。 
 
 
 
 
こうしてみてみると、 
罪人に仕立て上げるシステムが 
完全に構築されてしまっているといえる。 
 
真実を追求するためのモノが 
まったく機能していない。 
 
むしろ悪を拡大させる方向に向いていることが、 
事態を悪化させることに気づいてほしい。 
 
 
 
 
反省しろとか謝罪しろとか叫ばれているようだが、 
もはやそんなこと以前の問題であると考えている。 
 
普通に考えて、この一件は 
名誉毀損で訴えられかねない事件になった。 
 
でも、もしそのようになったとしても 
問題の根本的解決にはならない。 
 
 
 
 
思いどおりのシナリオに人間を当てはめる捜査のあり方、 
騒ぐだけ騒いで注目を集める短絡的な報道のあり方を、 
もう一度見つめなおしたほうがよいだろう。 
 
今回のASKAさんの一連の行動には、 
そんな意図がみて取れた。。 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-テレビ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.