やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

将棋

もう今年も終わり、、「将棋の日」イベントを視聴した

投稿日:

年末が差し迫った時期に入り、 
今年もあと1週間もない。。 
 
こないだ年が明けたかと思ったら、 
もう終わってしまうのか、、 
 
最近は時が経つのが早く感じる。 
やはり歳のせいなのか、、 
 
むかしは「そんなことあるのかー?」と思ったモノだが、 
時間の流れ方の違いは最近実感している。 
 
 
 
 
何かに真剣に取り組んでいると時間の流れが遅い。。 
 
集中してゾーンに入ったときなどは、 
けっこう時間がたったかな、、と思っても 
10分程度しか経っていないこともある。 
 
一方で、ダラダラと過ごしていると、 
2〜3時間などアッという間だ。 
 
 
 
 
昔からのクセでどっちかイイかなと比較論に走るが、 
やっぱり同じ時間でも長く感じる方をボクは選ぶ。 
 
何か分からないけれども 
何をするのでもなく時間をやり過ごすよりは、 
何でもイイから没頭する何かに 
取り組んでいたいと思うのだ。 
 
 
 
 
さて、テレビ番組が次々と終わっていく中で、 
年末年始にはスペシャル番組や特番が目白押し。 
 
ボクがいつも好んで観ているNHK将棋講座や 
トップ棋士たちのトーナメント戦なども 
一時放送を中断している。 
 
そこで先日の日曜日には、11月に行われた 
「将棋の日」イベントでの様子を放送していた。 
 
 
 
 
今年は静岡県でそのイベントは行われた。 
 
静岡県といえばお茶が有名で、 
徳川家康が治めた地としても知られている。 
 
家康公も将棋を好んでいたとされ、 
静岡県でも将棋は盛んだという。 
 
 
 
 
このイベントの発祥は江戸時代にさかのぼり、 
家康公と同様に将棋を好んだ八代将軍吉宗公のころらしい。 
 
旧暦の11月17日に年に1度「御城将棋の日」として定め、 
将軍の前で指す「御城将棋」を行うように 
なったことからきているという。 
 
 
 
 
ここ数年はこのイベントをテレビ放送で観ているが、 
ぜひとも北海道でもやってほしいモノだ。 
 
ネットで調べてみたら今年で42回を数えるが、 
ここ北海道では一度も行われていない。 
 
 
 
 
年末になると「将棋の日は今年は静岡でやったのかー」と 
思うほどで、北海道ではその日程などの情報すら 
入ってこないのでちと寂しい。。 
 
タイトル戦を北海道でやることはたまにあるけれども、 
多くの棋士たちの協力やスケジュールなどの 
調整が必要なので開催は難しいのかなとも思うが、、 
 
 
 
 
このイベントには 
「次の一手名人戦」というのがある。 
 
トップ棋士たちが対局する間、 
「次の一手」をどう指すかを予測するのを 
観客たちが競うモノですべて正解した人が優勝だ。 
 
予測とはいっても3つの候補手から選ぶ形式。 
 
 
 
 
この候補手を挙げるのも名だたる棋士だったり、 
将棋関係者だったりする。 
 
普段の対局ではけっして見せないような 
笑顔を見せるなどイベントの楽しさが伝わるようだ。 
 
今回この対局で指した羽生三冠も、 
難しい局面でも「次の一手」を当てる参加者たちに、 
「恐れ入った」とばかりに笑っていたのが印象に残る。 
 
 
 
 
将棋連盟会長である谷川さんも、 
この対局の立会人として参加していた。 
 
このイベントの開催日時が、 
例のスマホ不正使用疑惑への対応の甘さを 
指摘されていた最中でのこと。 
 
なので、責任者としての重責を担い、 
少し顔色が優れない感じがした。。 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-将棋

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.