やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

独自の視点

嫌いなコトを好きなコトに変える努力を惜しむなかれ

更新日:

昨年末にテレビで、 
ある街頭アンケートをやっていたのを観た。 
 
「年末に大掃除をしますか?」という問いだったが、 
驚いたことに大掃除をしないというヒトのほうが多かった。 
 
年末には大掃除はするのが 
当然だろうだと思っていたので、 
とても度肝を抜かれた感覚だった。 
 
 
 
 
でも、こんなふうに言っているボクも、 
実は大掃除というモノを最近ではほとんどしない。 
 
なぜかというと、普段からしているからだ。 
 
そういうと、 
さもスゴいことのように聴こえるかもしれないし、 
自分のことを過大評価しすぎだろ、、 
と思われるリスクもあるがあえて言っておこう。 
 
 
 
 
でも、自分ではそれほど 
スゴいことをしている気はしていない。 
 
気が付いたときに掃除をしているからにほかならない。 
 
大掃除というのは普段の掃除機がけのほかに、 
キッチンの油汚れや洗面台の水垢、 
風呂場のカビなどが対象になると思う。 
 
言ってみれば、 
普段はあまり掃除の行き届かないところを、 
重点的に行うのが通例だろう。 
 
 
 
 
そういったところについても、 
気が付いたら掃除をするようにしている。 
 
汚れているところは特に目につくので、 
これをどうしたら落とせるのか、、などと思いを巡らす。 
 
普通に雑巾掛けなどしていてもラチがあかないので、 
ネットで掃除の仕方を調べる。 
 
そこでもっとも効果的な方法を 
チョイスして実践するというワケだ。 
 
 
 
 
よく観るのは重曹やクエン酸、 
酢などを使った掃除方法。 
 
それらは100円均一で購入できるので、 
経費もさほどかからないということをウリにしている。 
 
そんなことを調べながら掃除していると、 
ハッキリいって苦にならない。 
 
というよりは、 
楽しんでやることができる。 
 
 
 
 
ネットで調べ上げたことを実践して、 
実際にピカピカになっていくのをみると、 
それだけで充足感で満たされる。 
 
つまりは楽しんでやっているのだ。 
 
労せずして効果を上げるということこそ、 
継続性を保つ秘訣だと思っている。 
 
 
 
 
今回は掃除を例に挙げて紹介したけれども、 
もちろん掃除に限ったことではない。 
 
どんなことでも努力を継続して行うためには、 
努力を努力と思わないことが大事だ。 
 
そして、それを意図的に操作する 
くらいのことをするべきだと思っている。 
 
 
 
 
苦労している、、と思いながら 
実践していては長くは続かないモノだ。 
 
でも、楽しんでやることができれば、 
苦痛じゃないので長く続けられる。 
 
今回例に挙げた掃除のように、 
ネットで調べるということと、ピカピカにする清潔感、、 
それらの二つの事柄を充足させることができる。 
 
 
 
 
これはどちらも自分が好きなことだ。 
 
これが大事。。 
 
嫌いなことはどんなことをしても、 
嫌いなことでしかない。 
 
でも、好きなことで代用するからこそ、 
嫌いなことも好きなことに変えられるのである。 
 
 
 
 
ボクは学生のころは 
暗記することが非常に嫌いだった。 
 
数学は公式を覚えないと 
問題が解けないと先生に言われた。 
 
そして、教科書を開けば 
公式とそれの導き方が載っている。 
 
あとは、それにかかわる問題が 
ちょっとだけ載っている感じだった。 
 
 
 
 
でも、覚えることが嫌いなボクは、 
先生が言うことに逆らって公式を覚えることを諦めた。 
 
公式を覚えていれば 
あとは数値を代入するだけなので、 
一発で回答を導き出せる。 
 
非常に簡単なのは分かっている。 
 
 
 
 
けれども、どれも似たような公式を眺めると、 
とても覚えられる自信がなかった。 
 
公式というのは、 
正確に覚えておけずに少しでも違って覚えてしまうと、 
それだけで答えは間違いになる。 
 
それはそれで非常に大きなリスクだと感じた。 
 
 
 
 
それではボクがどんな方法をとったか。 
 
公式の導き方を覚えたワケだ。 
 
どの公式もたった一つか二つの 
基本原理から導き出されていることを知ったボクは、 
 
それだけを頼りに導く方法を覚えたのだ。 
 
そうすれば、覚えることが少なくて済む。 
 
 
 
 
だからテストのときには 
公式を導くところからやったのだ。 
 
公式を覚えておくよりは 
かなり時間を要してリスクを抱えていた。 
 
しかしながら、 
そんなことよりも丸暗記のほうがボクにとっては 
リスクが大きかったということでしかなかった。 
 
 
 
 
そして何より、 
公式を導くということができるということに、 
気分のよさを感じたモノだ。 
 
一種の快感といってよかった。 
 
だからこそ、 
数学はボクの得意分野になった。 
 
高校物理に関しても同じような理由で、 
とても得意な科目になった。 
 
 
 
 
嫌いなことを嫌いなままやることは、 
なるべく避けたほうがイイと自信をもって言える。 
 
無理に続けようとするよりは、 
好きなことに変える努力をしたほうが 
何倍も早く効果を出せるはずである。 
 
急がば回れ、、だ。 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-独自の視点

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.