やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お金に対する考え方

お金に困らないためには欠乏感よりも豊富感にフォーカスせよ

更新日:

自宅が山の付近にあるせいか、 
近ごろ何かのアレルギー反応が出る。。 
 
なので、毎年5月から6月くらいの 
花粉が舞うような時期に耳鼻科に行っている。 
 
風邪などとは違って発熱などはなく、 
カラダがだるい、、なんてことはないのだけれど、 
鼻水が垂れたり咳や喉の痛みなどがあるなど、 
けっこう生活に支障をきたすのだ。 
 
 
 
 
いつもはまだまだ先のことなのだけれど、 
つい最近まで同じような症状が出ていて困っていた。 
 
毎年、妻のほうが先にひどい症状になるのだが、 
今回も先んじて妻が鼻声になるなどの症状が出てきたので、 
早めにいつも通っている耳鼻科に行くことにした。 
 
ボクも軽度だけど 
少なからず発症していたので、 
連れ添って行くことにした。 
 
つい5〜6年前にはこんな症状はなかったので、 
アレルギー反応なんていうのはショージキ人ごとだった。 
 
でも、実際に自分がかかってみると 
何ともしんどい思いをさせられる。。 
 
 
 
 
こんな症状が毎年のように出ているので、 
慣れたモノで前日から予約をしてから行く。 
 
そうすると当然のことだが、 
すぐに診察を受けられる。 
 
すぐに処置してもらえるので時間の節約にもなるし、 
何より患者さんから何かうつされるリスクも回避できる。 
 
だから医院に到着してから30分足らずで 
診察や処置などを済ませられるのだけれど、 
そこからがけっこう時間がかかるのだ。 
 
 
 
 
通常の医院などだったら、 
処方箋を出して薬は薬局で受け取ることになる。 
 
けれども、 
この医院だと自ら薬も扱っており、 
その処理が恐ろしく時間がかかる。 
 
だから予約をしていっても、 
結局はかなりの時間を要することになる。 
 
今回も結局はトータルで1時間30分くらいを要した。 
何とも無駄な時間かと思う。。 
 
 
 
 
でも、これについても慣れたモノで、 
それを見越してイヤホンを持っていった。 
 
iPhoneに入っているオーディオブックを聴くためだ。 
 
最近ではどこへ行くにもイヤホンを持ち歩いていて、 
事あるごとに耳から学ぶようにしている。 
 
診察が終わってから40〜50分くらい待合室で待たされたが、 
何かと聴いていたのでそれほど苦にはならなかった。 
 
 
 
 
いつものように「FeBe!」で購入した 
オーディオブックを聴いた。 
 
著書は「一生お金に困らない生き方」というモノで、 
その名のとおりお金に関する内容だ。 
 
けれども、稼ぎ方とか金儲けのスキルの話ではなくて、 
お金に対する姿勢や態度、あり方に主眼をおいた著書だ。 
 
 
 
 
少し抽象的な内容ではあるけれど、 
お金に対する印象や姿勢について考えさせられた。 
 
お金は使うことをためらって貯めることを優先していると、 
流れが滞って入って来るチャンスが少なくなる。 
 
お金がドンドン入って来る状況を作り出すためには、 
有益な方法でお金をドンドン使うことが大事だと述べている。 
 
 
 
 
このような内容については特に新鮮な感覚はなく、 
他の著書などでもよく耳にする内容だ。 
 
お金を積極的に使うことで心が豊かになり、 
欠乏することよりも豊富にあることにフォーカスする 
ことの重要性を訴えているワケだ。 
 
そんなことを学んだということもあって、 
毎月決まった額を寄付するようにしている。 
 
 
 
 
それまでは、、自分のために、 
それも将来の自分のためにお金を使い込むことなく、 
溜め込むという習慣を意識的につけていた。 
 
でもそんな考え方だと、 
貯めても貯めても満足できない 
、、というジレンマに陥ってしまう。 
 
何か足りないという印象を受けるし、 
お金に対する恐怖というモノに 
自ずとフォーカスしてしまうのだ。 
 
 
 
 
でも寄付することを習慣化するようになってからは、 
稼ぎの額にかかわらず困っている人にお金を使えている。 
 
人に寄付するほどのお金を自分は持っているという 
自負みたいなモノにフォーカスできるようになった。 
 
だから欠乏感が多少なりとも、 
少なくなってきているように感じている。 
 
 
 
 
この著書でもニュアンスは少しばかり違っていたが、 
同じようなことが述べられていた。 
 
先にも述べたけれども、 
だいぶ抽象的な内容なので何度も何度も聴いて覚える 
、、というモノではない。 
 
 
 
 
それよりは、お金に対する罪悪感や 
他人に対して猜疑心を持ってしまったときなど、 
自分の心をリセットしようとするときに聞き流すとよい。 
 
そうすれば、心がスッとするだろう。 
 
 
 
 
さらにいうと、 
この本を朗読している市村徹さんの読み方が 
非常に上手で著者になりきって教え諭してくれる。 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-お金に対する考え方

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.