やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び

ホントに求めているモノは何か?自ら見極めるよう努力する

投稿日:

年が明けて今日はもう10日が経つ。 
 
これまでは途中で投げ出していた記事更新も、 
昨年は休み休みではあるけれども一年間通して続けられた。 
 
継続することがもっとも大事だと 
常日頃から言っているにもかかわらず、 
自ら実践できていなかった。 
 
 
 
 
けれども、昨年はようやく一つのことを 
続けられたという自負を持つことができた。 
 
初めての時には年を越してからまもなく 
記事更新をやめてしまったという経緯がある。 
 
こんなことしてなんか意味があるのかな 
、、と漠然と思ってしまったことが、 
記事更新を辞める直接的なきっかけになった。 
 
 
 
 
でも、自分がどんなことを考えているのかを 
綴るためのイイきっかけであることには違いないので、 
どんなに文章が稚拙だとしても書き続けようと思う。 
 
実際、もう少し文章力をあげないといけないかな 
、、とは思いつつもそういった思いを強く持てば持つほど、 
継続していることを辞める口実にするという悪いクセがある。 
 
だから、レベルアップは見込めないとしても、 
現段階では意識的にそれを考えないようにしている。 
 
 
 
 
レベルアップは何をするのでも、 
必要不可欠な要素ではあるけれど、 
それよりも継続することが大事だと思うワケだ。 
 
やらなければならないことがあると、 
それらをどうやって効率的に片付けていくか 
、、というのがこれまでのボクの視点であった。 
 
なるべく早く片付けてしまって、 
後の残った時間をやりたいことに費やそう 
という考えのモトでの具体的なカタチであったのだ。 
 
 
 
 
お茶を沸かすこと、洗濯機を回すこと、 
生ゴミを処理すること、体重を測ること、 
布団乾燥機をかけること、、など 
 
なるべく短時間で効率的に 
済ませてしまおうというボクの習慣は、 
以前から根本的には変わっていない。 
 
それらを終えた後に 
時間を自由に使えるというのを楽しみに、 
それをこなしていくワケだ。 
 
 
 
 
効率性を意識して過ごしてきたことを 
何度もしてきたことが功を奏したのか、 
多くのことを短時間にこなすスキルは身についた。 
 
しかしながら、やりたいこととは一体何だろうか。 
 
時間を有効に使うことができるなら、 
ホントはいろんなことができたはずだ。 
 
 
 
 
でも、実際には 
やりたいことは何だったのだろう? 
、、という具合になっている。 
 
ショージキいって、 
フォーカスが完全にぶれていたのだ。 
 
やりたいことにフォーカスを当てるべきところなのに、 
それ以前のやるべきことをどうやってこなすか 
ということにフォーカスしていた。 
 
 
 
 
だから、こなさなければならない 
軽作業をこなすことにはけっこうな自信がある。 
 
時間をどのように使って、 
どういった順序でやっていけば、 
効率的にこなせるだろう 
、、というのが極めて短時間で理解できる。 
 
でも、それを極めたからといって、 
何にもならないことにいずれ気づくことになったのだ。 
 
 
 
 
これを読んだアナタは、 
こんなドツボにハマらないで欲しい。 
 
何をするのでも、常にやりたいことホントにすべきこと、 
なりたい自分を明らかにして、それを果たすために 
いろんな手段があるということを認識し続けて欲しいのだ。 
 
 
 
 
ボクは時間を有効に作っては、 
読書に励んだこともあったし、 
歌のウマさを極めようとしたこともあった。 
 
苦手な社交性を高めようと 
勤務する会社以外の人たちと交流を持つように努めたし、 
携帯ゲーム機でのモンハンにハマった時期もあった。 
 
いずれも楽しくは感じられたけれども、 
だから何だったのか、、と考えてみると 
確かなコトを言い当てられない。 
 
 
 
 
いま取り組んでいるコトにも、 
ホントにやりたいコトなのか、、と考えてみると 
完全に自信があると言い切れない。 
 
少しでもこんなふうに考えたことがあるアナタは、 
ボクの失敗談を参考にして欲しい。 
 
そして、一つ気づいたことがある。 
 
いま頑張っていることを推進するために、 
何かを犠牲にしているとするならば、 
それがホントに大事なのか?と自問自答するとイイ。 
 
 
 
 
案外ホントに求めていることは、 
身近に存在しているモノだ。 
 
人間というのは、 
実際に手にしているモノには 
価値を感じにくい生き物なのである。 
 
なくなってしまってからでは、 
取り戻すのに多くの時間と作業を必要とする。 
 
手にしているモノを大事にする。。 
 
これがいまのボクにとって、 
経験上分かった大事なことの一つだ。 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-学び

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.