やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テレビ

学べることは日常のどんな場面にもある

更新日:

読書ではいろんなことが学べるので、
読書の費用対効果は非常に高いと思っています。

こういった場合にベタな
ビジネス書だけではなくて小説や雑学書、エッセイなど、
どんな本からでも学ぶことはできます。

ビジネス書を読めば、
学ぶべきことが直接的な言葉で書いてあるので、
学びやすいという利点があります。

一方、小説やエッセイなどは、
基本的には楽しむために書かれているため、
何かを学ぶためには「学ぶ」という意識を持って
読む必要があると考えています。

たとえば、、推理小説だと、
この展開で進んでいけば、犯人はこの人かもしれないな。。
いや、犯人は簡単に推測できる人ではないと思うから、
この人ではないはずだ。。
・・などと読者を揺さぶります。

人気の小説家というのは、
こういったところが巧みだと感じています。
うまくダマされたな。。という感覚になります。

こういった感想を持てるのは、
ホントにうまい書き方をしている著者の場合です。

たまに、、ですが、
こんな展開ってアリかよ。。?!
って感じのモノがあります。
かなり無理のある展開の場合です。

ムリヤリ感が半端ない場合だと、
うまくダマされたとは思わないですよね。
もうその著者の本は読まないだろうことは、
言うまでもないでしょう。

ここで学べるのは、一例を挙げますと、
うまくハメられた場合とそうでない場合で、
具体的にどういった表現をしていたのか、
どのように表現されていたからそう思えたのか、
・・など学べることはたくさんあるわけです。



このように学ぶことができるのは、
何もビジネス書に限ったことではないのです。

そして、ビジネス書などでよく言われているのが、
テレビは見ないほうがよい、、ということです。

ですが、テレビでも学べることはたくさんある。。
・・というのが僕の持論です。

同じテレビを観るのでも、
いつもつけっぱなしにしているテレビを、
ただボーっと眺めているだけなら、
テレビはそれこそ「悪」になってしまいます。

なぜなら、そこには受け身の姿勢しかないからです。
人間は受け身だと流されてしまうという性質があります。
ことテレビ視聴というだけでも、
そのことが顕著に現れるのです。

昨日テレビでイイことを聞いたけど、
さてどんなことだったっけ。。?
・・なんていうことはないでしょうか?

これは受け身でテレビを見ていることの
代償とも言えるコトです。

結局は「学ぶ」という意識を持って、
学ぼうとする姿勢が必要なわけですね。



さて、テレビを見ながら学ぼうとするなら、
たとえばどんなことをするでしょうか?!

とっさにメモを取るでしょうか?!
あるいは、録画をするでしょうか?!
スマホにボイスメモで吹き込むでしょうか?!

・・と人によっていろんな方法があるとは思いますが、
どれが正解だというつもりはありません。
そのどれもがよいだろうと思います。

学ぼうという意識を持つことで、
いろんな手法が出てくる。。それだけで良いのです。
ボーっと見ているだけ、、という以外(以上)の
何かほかのアクションを取れればそれで良いと思います。

人間は一度見ただけ、聞いただけでは、
記憶に留めることはできないと言われています。

たしかに、一度聞いてすべてを覚えられるなら、
どんな高レベルな大学にも一発で合格できてしまいますよね。。

これには「エビングハウスの忘却曲線」という実験結果があって、
人は20分後には42%を忘れ、1時間後には56%を忘れ、
1日経つと74%を忘れてしまうそうです。

これでいくと、
完全に忘れる前に同じことをもう一度学ぶ、、
・・ということが必要なのです。

二度、三度と繰り返し学ぶことができれば、
記憶は定着して自分のモノになるでしょう。



僕は普段からふと見たテレビが気になった場合に、
番組名やキーワードでネット検索します。
そのほとんどがYouTubeに行き当たります。

たとえば、普段会社の昼休みに「バイキング」を観ていますが、
たま〜に気になる情報があったりするのですが、
「バイキング」だとその日に放送されたモノが、
早いとその日中にYouTubeにアップされているんですよね。

ですので、その放送をダウンロードして、
必要なところだけをピックアップして保存しておき、
記憶に残るまで繰り返し観るようにしているわけです。


YouTubeにアップされている動画を保存するのには、
僕は今はこのページを使っています。
http://youtube-video-download.info/

①YouTubeの動画ページのURLをペーストして動画変換
②保存したい形式を選んで保存する
・・というだけの作業でできてしまうわけです。
便利なので使ってみてください。

最近だと健康・病気に関することや、
食習慣や料理のことなどが多いですが、
学ぶことができるのは生活の中のどこにでもあるのです。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-テレビ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.