やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イベント

迷惑をかける、、ことが一つの才能?!

投稿日:

昨日までの三連休に何度か、 
各地で成人式が開催されていたのを報道で観ていた。 
 
未成年だった人間が成人になって 
これから飛び立とうとする喜ぶべきことのはずなのに、 
各社とも報道するのはどうも心が痛む新成人の姿ばかりだ。 
 
各地で傍若無人な振る舞いをする 
新成人たちの姿がフォーカスされてしまう。 
 
 
 
 
モチロン成人式には真面目に参加している 
ヒトたちが大半なのは分かっているのだけれど、 
そういった正常な新成人はどうしてもフォーカスされない。 
 
だから極端にいえば、そんなヒドイ振る舞いをする 
人たちしかいないのではないかとさえ見えてくる。 
 
一部では「なんとバカなことを、、」とか 
「晴れの舞台なのに台無しにして、、」などと、 
新成人を揶揄する言葉が飛び交うのがこの時期の風物詩になる。 
 
 
 
 
こんな風景を観てボクが思うのは、 
なぜこういう振る舞いをするのか、、ということだ。 
 
純粋に、、理解に苦しむ、、のだ。 
 
当事者たちはどんなふうに思ってこの成人式を迎えているのか、 
人よりも目立つ行動をしてどういう意味があるのか、、 
まったく分からない。 
 
 
 
 
ボクもだいぶ前のことになるけれど、 
成人を迎えた時期があった。 
 
かなり前のことだから分からないのではないか 
、、と言われるかもしれないけれど、 
当時のことを振り返ってもそんな思いは皆無だった。 
 
目立つ行動をする、、ことに対して 
微塵も理を感じなかった。 
 
逆に成人になって何をそれほど喜ぶべきことがあるのか 
、、とさえ思っていた人間だった。 
 
 
 
 
特別嬉しくはないし、 
成人になったから成人式に出ておこうか 
、、という程度のモノだったのである。 
 
地元に帰って出席すれば、 
同窓会みたいになって楽しいかも、、 
みたいなノリでしかなかった。 
 
ボクは当時学生だったせいもあるのか、 
成人になったからといって特に揺り動かされる何かはなかった。 
 
 
 
 
だから、成人したことによってこんなふうに騒げる 
、、ということ自体がチョット羨ましくもある。 
 
当時のボクはそれほどに荒んでいたのだろうか。 
 
ニュースで報道される 
新成人が騒いでいる姿を見るたびに 
「成人して喜んでいるんだなー」と思えるのだ。 
 
ヒトそれぞれ表現する方法が違っているけれども、 
自らの門出を自分なりに喜んでいるんだ、、と思う。 
 
それでもやっぱり、 
若いことからくる底知れぬパワーを実感する。 
 
 
 
 
でもこんな観点を持ってしても、 
主催者側に対して世間に対して迷惑がかかることは否めない。。 
 
当事者たちは、 
パワーを向ける方向を考えてみると良いかも知れない。。 
 
まだまだ若いのでそれを理解できないのも無理からぬことか 
、、などと新成人を擁護するつもりで言ってしまうと 
それもまた怒りを買ってしまうだろうか。。 
 
 
 
 
ボクの父がよく言っていたのは 
「人様に迷惑がかかるようなことはするな」だった。 
 
その言葉にそれほど嫌悪感もなく、 
子供ながらに「なるほど、、」と思って納得していた。 
 
ヒトが嫌がることは極力避けたい 
、、というのは今でも根底にあるかも知れない。 
 
 
 
 
そんなふうに教育されていたからこそ、 
いま問題になっているような人たちの 
言動や気持ちが分からないのかも知れない。 
 
ある意味幸せに育ってきたのかも知れないけれど、 
これにはチョット考えさせられる内容を含んでいる。 
 
「迷惑をかけるな、、」というのはイイように聴こえて、 
そうでもないのかも知れない、、ということだ。 
 
 
 
 
「人に迷惑をかけない」ということは 
「人に影響を与えない」ことの同義かも知れないからだ。 
 
影響を与えられないのなら、 
悪い影響もイイ影響も与えないということだ。 
 
それではまったく困るのだ。 
 
そんな人間だけで構成されていたら、 
世の中はよくなっていかないはずだからだ。 
 
 
 
 
いま世の中に対して悪い影響を与えている人間がいるとして、 
今後イイ影響をもたらさないとは断言することはできない。 
 
世の中に爪痕を残すことは、 
いい意味でも悪い意味でも必要なことだと考えられる。 
 
もしそうだとすれば、 
こんな傍若無人な行動に対して 
寛容でいられることはどれほど幸せなことだろう。 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-イベント

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.