やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読書

有意義に使ってこそ価値が出る

更新日:

前回は「お〜い!竜馬」について書きました。 
 
坂本龍馬は日本史上でもっとも 
大きな影響を与えた人物として知られていますよね。 
 
なので、さまざまなメディアでも取り上げられています。 
 
 
 
 
ドキュメンタリー番組などで見る機会もありましたし、 
もともと新撰組が好きなので同時期に活躍した 
龍馬についても知る機会が多かったんですね。 
 
ま、新撰組とはざっくりいうと敵と味方、、 
みたいな感じでしたが。 
 
NHKの大河ドラマでも 
福山雅治さんが演じて話題になりましたよね。 
 
でも、それぞれ人物の描き方が異なっていて、 
描く人によってこれほど違うんだなー 
と思わせられることも多かったですね。 
 
 
 
 
で、マンガを読んでいる最中、 
チョット気になる場面がありました。 
 
龍馬はもともと武家の生まれ。 
それに加えて財産分与の関係で 
裕福なヒトだったんです。 
 
あるとき学校で学ぶのに教科書が必要だからと、 
教科書を書き写している仲間がいたので、 
その仲間に「教科書をあげるよ、、」という場面。 
 
 
当時は教科書もまともに買えない時代で、 
高価なモノとされていました。 
 
それをいとも簡単に「あげるよ」と、 
「そのほうが教科書も喜ぶから」 
という理由からだったんです。 
 
 
 
 
これが事実なのかどうかは分かりませんが、 
精神はあながち間違っていないような気がします。 
 
モノはヒトに役だってこそ意味がある。 
モノの存在意義はヒトのためになること。 
 
こんな風にこのマンガでは書いているんですね。 
 
 
 
 
モノだからと言ってぞんざいに扱っていい 
ということにはならないはずです。 
 
どんなものにも存在意義というものがありますよね。 
 
もちろん人間は当然ですよね。 
存在意義を感じられなければ悲しくなってしまいます。 
 
それはモノでもそうなんです。 
在るということで意味をなすモノも在るかもしれません。 
でも、在るだけでは意味のないものも多いです。 
 
 
 
 
このマンガで描かれているのは、 
自分はあまり勉強しないから教科書がモッタイナイ。。 
 
有意義に使ってくれる人がいるなら、 
教科書もそのほうがいいだろう、、 
という思想なんですね。 
 
モノは役立てて初めて価値が出る。。 
このことをあらためて感じさせられました。。 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-読書

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.