やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

独自の視点

ミスチルの名曲をパクる。。平浩二さんの悲劇!!

更新日:

ミスチルの曲がパクられた。。
・・なんていうニュースがいまネットを賑わせていますね。

演歌歌手・平浩二さんの「ぬくもり」という曲の歌詞が、
ミスチルの初期の名曲「抱きしめたい」に酷似している
・・として話題になりました。

「ぬくもり」という曲は「愛・佐世保」というシングルの
カップリング曲で今年の5月に発売されたモノ。

ネットで騒がれ始めたのが今月の10日ごろですので、
半年以上の月日が経過している今まで、
気づくことがなかった。。というのですから驚きです。

似ているのが一番の歌詞なんですが、
「霧雨けむる」が「霧雨の降る」に、
「静かな夜」が「かがやく夜」に変わっているだけで、
トータルで100文字以上ピッタリ重なっているのです。

ミスチルを知る人なら誰でも知っている名曲ですので、
制作過程で気付く人もいたのではないかと思うのですが、
・・はたしてどうなのでしょうか?!


このシングルのメイン曲「愛・佐世保」は、
デビュー45周年になる平さんが、
初めて作詞・作曲を手がけた作品で、
地元である長崎県佐世保市への思いを歌にしたモノです。

この曲の回収がこのたび決まったそうで、
こういったことに巻き込まれてしまった平さんが、
少しかわいそうに思うのは僕だけではないでしょう。。

この曲の作詞を担当した沢久美さんは、
この事実について認識はなかった、、などと話しているそう。
しかしながら、ここまで一致していると、
偶然だとか、意味が違う、、などと弁明できないレベルです。



真似をする。。ということは、
必ずしも間違っていることではないです。
どんな分野でも真似をするということは行われているわけですし、
その積み重ねで文明や技術が発展してきているわけです。

誰でも電気は使っていますよね。
その恩恵があるおかげで、便利に生活できているわけです。

インターネットが発達したのも、
そういった基盤のうえで成り立っているのです。

エジソンという偉大な人物が、
何千回という試行錯誤を繰り返して成果を出してくれたおかげで、
さらなる進歩のために。それを使うことができるのです。
そうやって人類は進化を遂げているという事実を忘れてはなりません。

その意味では「真似する」ことは大事だといえます。

ですが、ことクリエイティブな世界においては、
あってはならないことだと思いますし、
真似る方向性がちょっとズレているような気もします。


少し前に、東京オリンピックのエンブレムの
盗用疑惑があったばかりですので話題に上がりやすかった。。
・・というのも事実でしょう。

オリンピックの話題が9月で、このシングル曲の発売は5月です。
制作担当者もここまで話題になるとは、
思っていなかったかもしれませんね。



演歌歌手・平浩二さんという人を知らない人が、
このニュースによって初めて知ったという人も多いですよね。
実際に僕も初めて知りました。それもデビュー45周年です。

今回の騒動が、
それら一貫の流れを見越した話題作りだったとしたら、、
・・などと想像してしまいましたが取り越し苦労でしょうか。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-独自の視点

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.