やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Amazon転売

リストが増えすぎる在庫管理画面をどうするか?!

更新日:

クリスマス商戦のこの時期、
おもちゃなどはバンバン売れていますよね。

Amazonでもどんどん売れていくので、
値上がりも激しいみたいですね。

その売れ行きはおもちゃだけでなくて、
家電などにも影響してきていて、
ここ最近はクリスマスや年末が近いこともあってか、
とても売れ行きがよくて嬉しい悲鳴です。

売り上げ

キャプチャは21日の分ですが、
その後もどんどん売れていっています。



ところでAmazon転売をしている人なら、
誰でも一度は頭を悩ませるんではないか思うのが、、
Amazonセラーセントラルの在庫管理画面の
リスト数が多くなってしまうということです。

何も見る必要がなくて、
ただリストが増えていくだけだというなら、
何にも問題はないわけですが、、

そこは「在庫管理」と名前が付いている以上は、
在庫を管理するためのものでして、、

どの商品がどの程度売れ残っていて、
同じ商品の最低価格はどうなっているのか、
・・など、いろんな情報がひと目で見られるようになっていて、
かなり便利なのは確かなんです。

ですが、だいぶ前にすでに売れてしまっている商品などが、
リストに残っていたりすると、本来の目的である
在庫管理ができない状態になってしまったりするのです。

・・かといって、販売されたそばから、
どんどん商品削除をしていったとすると、
これまたいろんな支障がでてくるんですよね。

Amazonで購入した場合というのは、
30日間の返品保証というのがついていて、
出品者からすればいつ返品されるか分からない状態なわけです。

ですので、うっかり商品削除などしてしまったら、
その同じ商品が返品されてきたときに、
商品情報が宙ぶらりんになってしまうんですね。

在庫管理のリストに上がってこないんですね。
そのかわりにFBA在庫というところに、
「有効な出品情報がありません。」と、
赤字で表示されるのみになってしまうんです。

スクリーンショット 2015-12-23 10.30.28

こうなってしまうと、もう一度同じSKUで登録して、
紐付けしなければならなくなります。

なので、うかつに商品削除っていうのはできないよ、、
というオハナシなんですが、、



そこで今回僕がお伝えしたいのが、
商品が販売されてから30日間が経過した商品のみを、
削除していくというやり方です。

注文の詳細検索という画面で、
写真のように設定して検索をかけます。

注文日の終了日は、それを実施している日の30日以前の日、
ここでは12月23日に実施しているので、
終了日を11月22日としています。

検索1番目

そうしましたら、
11月22日を起点として、注文の新しい順番に並んできます。

注文管理1

SKUをコピーして在庫管理画面で検索をかけ、
商品削除、、とすればよいわけです。

商品削除

そうすれば、30日間保証が終わった順番に、
商品削除ができる状態になります。

商品リストはなるべく少ない方が管理しやすいので、
非常にオススメです!!(≧∇≦)

ここで、注意すべきなのは、
同じ商品を何個も出品している場合ですが、
検索で上がってきた商品がその後に販売されていないか、
また同じ商品がまだ在庫として残っていないか、、
というのはもちろん確認は必要です。

検索2番目

在庫管理

これはすべて手作業になるので扱う商品が膨大な場合は、
かなり大変なことになるだろうと思います。

でもAmazon転売の初期段階では、
かなり有効な管理方法になるだろうとは思いますので、
困っている方はぜひ参考にしてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-Amazon転売

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.