やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Amazon転売

間近に迫っている確定申告に対処する方法

更新日:

基本的にはサラリーマンの僕ですが、
週末起業としてAmazon転売に取り組んでいるので、
個人事業主として税務所に届け出ています。

こんなふうに事業をしていると、
年が明けると待っているのが「確定申告」です。

・・とは言っても個人事業主は一昨年からですので、
確定申告は2回目です。

昨年は税務署が主催してくれている、
青色申告記帳説明会に参加して手取り足取り教えてもらって、
ようやく何とか確定申告できました。



今回は自分でやることになるのですが、
実はほぼ記帳が完了している状態なのです。

なぜかというと、、
「MFクラウド確定申告」というのに登録していて、
銀行口座やクレジットカード、電子マネーなど、
事前に登録してある金融機関から、
出入金情報を自動で組み込んでくれるからです。



MFクラウド確定申告


1個ずつもれなく組み込んでくれるので、
あとはどういった経費なのか、あるいは売上げか、、
・・などプルダウンメニュー形式で選択していくだけなんです。

正直、とっても楽チンです。。
しかもAmazon転売をやっている人には非常に助かるのですが、
Amazon出品者アカウントの情報まで組み込んでくれるんです。

その一部を画像でお見せします。


記帳一例


Amazonで販売した売掛け金や支払い手数料、
預金口座への入金、クレジットカードでの仕入れ高など、
こと細かに入力されているのが分かると思います。



自動で入力されるので、
大半はそれにおまかせできるんですが、
ひとつだけ注意しなければならないことがあります。

それが「棚卸」です。

Amazon転売は物販ですので棚卸の金額が大きめになり、
税金の計算に大きく関わってくることになるんですね。

昨年の12月31日の時点での
在庫を調べておく必要があるんですが、
Amazonの出品管理ページである、
セラーセントラルで簡単に調べることができるんです。

セラーセントラルにログインして、、
上のメニューバーから[レポート]-[フルフィルメント]と選択。
今度は左部メニューの[在庫スナップショット(日次)]
と入って12月31日付の在庫レポートを作成して、
ダウンロードするだけです。


在庫スナップショット(日次)


そうすると、
その時点での在庫リストが一覧になって表示されます。

あとはその在庫の仕入れ価格を合計していくだけです。
このとき出品者自身で付けられる出品者SKUに、
仕入れ価格を入れておくと楽に作業ができると思います。

出品者SKUというのは、
出品登録するときに付けられる管理用ネームみたいなものです。
僕の場合は、仕入れた[場所]-[日付]-[金額]の順に付けています。


出品者SKU

どこで買ったものが、いつ売れて、どれくらい利益が出たのか、、
・・ということが一目瞭然で分かるので気に入っています。

まぁ、これには人それぞれ便利な付け方があるでしょうから、
試行錯誤して研究してみるとよいと思います。



P.S.
MFクラウド確定申告をひさしぶりにログアウトしてみたら、
何やらキャンペーンをやっていたようです。


MFキャンペーン


対象が12月4日以降に登録した人とあったので、
たぶん僕は対象外です。。(T-T)
ちょっと悔しいのでダメもとで申し込んでおきました。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-Amazon転売

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.