やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画

バリアフリーを意識した「海街diary」の字幕・音声ガイドに感銘!!

更新日:

TSUTAYA DISCAS を継続利用していることは、
このブログでつねづね書いていることだが、
ウエイト機能というのがあるのを最近になって知った。

基本的には宅配レンタルを希望するタイトルを、
リストに加えていって優先順位を付けておくことで、
用意できたものから順次送付されるという仕組みになっている。

img_ppdis00197_03

だが、新作のタイトルなど、
最もレンタルしたいと思うモノはたいていヒットすることはなく、
仮に入れておいたタイトルが届くことになる。

その、、仮に入れておいたタイトル、、というのは、
本当にレンタルしたいものではなく、
いずれレンタルしてもよいかな。。
くらいの感覚でいれておいたようなタイトルだ。



1ヶ月あたりにレンタルできるタイトル数は、
4つというプランを利用しているので、ムダに配送されてしまうと、
本来借りたいはずのタイトルが届かないということになってしまう。

・・なので、とりあえずリストに入れておいたような
タイトルが届いてしまうと困ってしまうわけだ。

そういったことを防ぐために「ウエイト機能」を使う。
本当に借りたいタイトルがある場合に、
それ以外のタイトルが発送されるのを防げるという仕組みだ。

ウエイトしておいたタイトルが確保されると、
自動的に発送されることになる。

こういった機能を使えばレンタルにムダがなくなる。。
機能説明をきちんと読んでいれば、
こういったことはきちんと書いているのだが、
なかなかすべてを読むということが億劫になっていて、
完全に見落としてしまっていたというわけ。

継続利用してから4〜5カ月経っているのだが、
今更ながらに気づいた。。
でも非常に効率的に使えるようになってさらに便利になった。

店舗だと探すこと自体が楽しい反面で、
探すのに時間がかかるのがデメリットにもなるわけで、
その点、宅配レンタルのイイところは、
タイトルをネット上で検索して指定できることだ。



さらにいうと、2〜3カ月に一度のペースで、
旧作DVD・CDが一枚50円レンタルというキャンペーンがあって、
旧作のタイトルを大量にレンタルする場合には重宝している。

送料なども合わせると一枚あたり100円程度になるが、
それでもかなり安いと思うので有効に活用したいところだ。

このあいだも2月の初旬にこのキャンペーンをやっていて、
妻がかねてから観たいと言っていた
台湾のテレビドラマ「私の億万LOVE」全10巻を借りた。

img_0

こういう機会でもないと、
これほどの量を一度にレンタルするのは気が引ける。。
・・というか、時間的な制約で見ること自体が不可能なのだ。

このキャンペーンでは返却期限が30日という
長期間でのレンタルが可能なので、
気楽に借りることができるというのもメリットだ。



少しハナシは逸れたが、
この便利なウエイト機能を使ってレンタルしてみた。

昨年末からレンタルが開始されて、
いまだ準新作の扱いの「海街diary」という映画だ。

比較的人気があって、
リストに入れておいてもなかなか配送されなかったタイトルだ。

しかし、ウエイト機能を使ってみると案外すぐに届き、
少し驚いたほどだった。

この「海街diary」という映画は、

海の見える街を舞台に4姉妹が絆を紡ぐストーリーで、
3姉妹の父が亡くなったことを機に、
腹違いの妹と出会うことから始まるヒューマンドラマだ。

930f3821b2bff3ed



届いてさっそくディスクを挿入してみると、
ほかのDVDでは例外なく自動的に流れる宣伝CMが、
このDVDでは流れることなくこんな画面が現れた。

IMG_2365
============================================================
映画「海街diary」の本編ディスクです。
このディスクには視覚障害者の方にもお楽しみ頂けるよう
日本語音声ガイドを収録しております。
本編を日本語音声ガイド付きで鑑賞する場合はそのままお待ちください。
日本語音声ガイドなしの場合は「MENU」を選択してください。
なお、このメニューに戻るにはディスクを再度入れなおしてください。
============================================================


できる限り多く人たちに、
楽しんでもらいたい内容の映画だということでの配慮なのだろう。

初めにそのガイド無しに普通に観て、かなり楽しめた。
そして、その後で試しに少しだけそのガイドを利用して観てみた。

視覚障害者にも楽しめる。。ということは、
映像の内容を解説する音声が収録されているのだと推察した。

しかしながら、想像していたとおり、
状況解説の音声が収録されていたのに加えて、
さらに視覚障害者だけでなく聴覚障害者にも観られるように、
日本語字幕も用意されていたのだ。

・・なので、さまざまな障害を持つ人が同時に、
健全な人も一緒に視聴できる工夫がされているということだ。

これには久々に大きな感銘を受けた。
このような映画がもっと増えてイイと思った次第である。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-映画

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.