やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツール、アプリ

Wii Uが販売中止?!正否は定かでないが無理もナイ。。

更新日:

少し前に任天堂のWii Uが生産終了するとかしないとか、、っていう報道があった。ちょっとナンクセがあったのはその報道内容ではなくて、報道のされ方に少し戸惑ってしまった。経緯の概略としては、まずは日経新聞が「前機種のWiiに比べて販売が伸びずに今後も見通しが立たない」ということで「年内にも生産を終了する構えだ」などと報道したが、本家の任天堂はこれを全面否定した。そののち、少し遅れをとったカタチで産経新聞や日本テレビが同じようなニュースを報道する、、といった経緯だ。

→「Wii U生産終了」? 報道錯綜と任天堂コメントでネット大混乱に



僕としては、ショージキ、無理もないかな?!と思ったわけだ。「Wii U」は2012年12月に発売され、2015年末には全世界で累計1260万台を販売している。2006年12月に発売したWiiは1億163万台販売しており、約60週で2000万台販売を達成。。このように数字にも現れているが、Wii Uの販売に対しては僕は初めから否定的に思っていた。なぜかというと、それはもともとあったWiiと比較して何が違うの?!という感想を持ったことから始まる。Wiiが備え付けのテレビに接続して楽しむゲーム機なのに対して、その機能を包括したまま手持ちでもゲームができるという、、ただそれだけに感じたのだ。その後に発売されるWii U用のソフトはそれまでのWiiでは遊べないという不親切さだ。ショージキな感想としては「え?!こんな汚い売り方するの?!」だったわけだ。詳細を開いてみればいろんなところでグレードアップはしているのだろうが、最近ゲーム機で遊んでいないようなシロート目から見ても、特徴がハッキリと分からないようなモノを販売するようになるとは任天堂も落ちたな、、ということだったのだ。


h2-wiiu


これは今回のWii Uだけに限らず、ニンテンドー3DSに対しても同様なことを感じた。ハッキリ言ってそれまでにあったニンテンドーDSやDS Liteなどと何が違うのか、、という感想を持ったわけだ。ネーミングの通りを察してみると、もちろん画面が立体3Dに見えるようになったことが挙げられるが、最初こそ「おぉーすごい時代になったなー」なんて感銘を受けたものだが、ゲーム自体のクオリティには何ら関係ないことが後に判明した。冷静になって考えてみればしごく当然のことだったのだ。販売台数がある程度伸びていることが救いになってはいるが、「日本の消費者は温かいな。。」というのが僕の見方だ。子供や孫が「ほしい、ほしい」言っていれば、親や祖父母は買ってあげたいというのが人情だ。こういったところを付くのが営業戦略ではあろうが、ゲーム機としてはあまりにもお粗末な進化だといえる。現に今年2月からニンテンドー3DSの3D映像機能を落としたニンテンドー2DSなるものを発売するに至ったがこれは日本国内でのことであって、アメリカやヨーロッパー、オーストラリアなどの海外では2013年10月にはすでに発売されていたらしい。ニンテンドー3DSが発売開始になったのが2011年の春だったのを考えると、任天堂はかなり早い段階で、3DS機能には実質的な見切りを付けていたというのが僕の見方だ。


parts_front_hardware


こんな具合に任天堂の批判ばかりをしているようだが、もともと僕は任天堂の大ファンである。歳を重ねてゲーム機でのゲームをやらなくなってきてはいるが、小中学校時代はもちろんのこと、つい4〜5年くらい前まではゲームに熱中する人間だ。だが、近年の任天堂のやり方に疑問を持って久しい。昔は僕をゲームに熱中させてくれた任天堂だからこそ、厳しい見方を持っているし、もうちょっと頑張ってほしいな、、というのがショージキなところである。Wii Uやニンテンドー3DSを発売したころは、もうニンテンドーやばいのかな?!という見方もあった。でも、応援する会社だということは言うまでもないことだし、今後も頑張ってほしいのヒトコトだ。実質的な進化といえる進化を遂げていないこの2機種は、全世界的に衝撃を与えた2機種の後継機だということが、「おォーすごい」と思わせられなかった原因の一つかもしれない。WiiやニンテンドーDSがすご過ぎた、、というほかはないのだろうか。。


nintendo-wii-or-ds-consoles-thumb-400x245-1188


今回、任天堂について取り上げたが、ソニーが手がけるプレイステーションシリーズも大いなる進化を遂げている。もうひと昔前にゲームを演っていた世代が想像もつかないような進化だ。まるでCG映画でも見ているような気分に浸れるゲームが多く存在すると聞く。任天堂とはまた違う路線でゲーム業界を牽引している企業であることは間違いナイ。だが、最近のゲームは、ゲーム本来のクオリティを磨くことから遠ざかっているような気がしてならない。ファミリーコンピュータが流行りだしたのが、もはや30年以上前のことだが、あのころのゲームはできることが非常に限られていて、ゲーム本来のクオリティを向上させる以外には差を付けられなかった、、というのが僕の印象だ。今ではいろんな試みができるし、思いついた発想を現にカタチにできるというメリットが際立っている。最近ではもはやオッサンの僕でもできるゲームが少なくなっているのがとても残念に思う。できることが限られているゲームといえば、スマホのゲームはかなり面白くできていると思う。誰でもカンタンに始められるし、飲み込みやすいゲームになっている。、、がやはり同じようなゲームが乱立している印象を受ける。面白みはあるのだが、ウケたゲームをほぼパクった状態でリリースしている印象があるのは僕だけではないハズなのだが。。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-ツール、アプリ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.