やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

独自の視点

イジメに思うこの世の歪み…

投稿日:

テレビ出演した加護亜依さんが、
中学校時代に壮絶なイジメに遭っていたことを明かしたそうです。

加護さん言わずと知れた
モーニング娘。の第4期メンバーの一人です。

彼女がデビューしたのは小学生だったはずで、
あのころのモー娘人気は凄かったですから、
ひがみやねたみだったんでしょうね~

子供ながらにイジメの力というのは、
モノ凄いものがあると感じています。

同時期にモー娘に加入した辻希美さんとは、
受ける印象に明暗を分けてしまっていますよね~

さて僕が「イジメ」と聞いて連想するのが、
1980年代に起こった校内暴力です。

そのころ僕は小学生だったし、かなり田舎に住んでいたので、
窓ガラスを割ったり、校内の廊下をバイクで走ったり、、
なんていうまるで「スクールウォーズ」のような世界には
幸いなことに縁がなかったわけですが、、

当時は学歴が重視される社会で、受験戦争が勃発しました。
それらを盾にかざした教師側が強引に抑えつけたことに対し、
勉強の意義が分からない生徒たちは、
ムダで意味がないと社会に反発したんですよね。

そんな状況を解決すべく、
さまざまな対応や制度改定などがあったようですが、
教師側と生徒側とのバランスを保てなかったわけです。

それから20年くらい経ったころには、
状況が一変してしまっているのです。
今度は生徒側から教師側へ矛先がまるで逆になっているわけです。

これも言わずと知れたことですが、
直接教員にクレームを出すのではなく、
より権限の強い校長や教育委員会、自治体などにクレームを持ち込んだうえで、
間接的に現場の教師や学校に無言の圧力をかけるというカタチです。

それはドラマのテーマにもかかげられるほどになっていて、
「モンスターペアレント」「モンスターチルドレン」と名付けられ、
非常に問題視されているのです。

こうしてみてみると、
双方が仲良くしてバランスをうまくとっていく。。
なんてことが成立し得ない世の中になってしまっていますよね。


子供同士のイジメなんかもそうです。
いじめられている子がいたとして、
助けたいとは思いつつもそれを見物だけして、
手を差し延べて助けようとはしない。。

これはイジメられている子を助けることで、
自分がターゲットにされることがイヤだからです。

そしてこれはイジメをする側にも言えること。。
イジメの手を休めると自分がイジメの対象になってしまう恐れがあるから、
あの手この手でイジメを繰り返す。。

こういったことは、
いまの世の中で模範とするべきカタチが提示されていない、
というか、実現するに至っていないために、
どう振る舞えばよいのか分からないという
生徒側の悲痛の叫びのように思えるのだが。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-独自の視点

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.