やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読書

ネットからの情報 or 本からの情報、、

更新日:

いま現在、
政府がスマホ料金の引き下げに頓着しているところです。

確かに携帯電話の料金が一時期に比べて
格段に上がっていることは否めない事実としてあります。

何も考えずに普通に契約していれば、
ひと月当たり8000円程度
かかっているのではないでしょうか?

少し多めに利用したとして1万円に乗ってしまう金額です。
馬鹿にならない金額ですよね。

これなら少しくらい苦労したとしても、
節約に奔走するのが理にかなっているといえます。

何を隠そう僕の妻は今月が2年に1回訪れる、
スマホの更新月に当たっています。

ですので、SIMカード契約をメインに
節約術を仕入れることで検討する構想のようで、
本屋さんで雑誌を買ってきて読んでいるところです。

そういった情報はネットにゴロゴロ転がっているので、
いろんなページを開いてみればよいのでは??
とアドバイスしてはみたのですが、
本のほうが読みやすいとのことでした。

僕も読書は好きな方なので、
本を買って読むコト自体には賛同的だと思っていますが、
コトSIMカード契約ということについては、
現在流行中だし情報が移ろいやすいということもあるので、
ネットの方がよいのではないかな~なんて思ったりしたのですが、、



いま現在僕が読んでいる本で、
藤井孝一さんの『読書は「アウトプット」が99%』 という本の中で、
このことについての学びがあったのでご紹介したいと思います。

この本の中で藤井さんは、
本など読まなくともネットでたいていの「情報」が手に入るし、
本だと制作に数カ月から数年かかるので、
情報が遅れがちになるだろうことを提示しています。

ですが、そのうえで「本にあって、ネットにないモノ」こそが
いまの情報化社会には必要ではないかと示唆しています。

理由の1つとして、
ネットでの情報は断片的なものが大半なのです。

ネットでの情報は表面的なモノに終始するため、
いくらネットの情報をかき集めても深い情報までは得られなく、
浅い思考になりがちであることを危惧しています。

それが本になると、
ひとつの事象に対することを述べるだけでも、
さまざまな視点を提示したうえで述べるため、
多角的・深思考的に捉えることができるわけです。

さらに本はネットに比べて、
情報に対する信憑性が高いといえます。

ネットではひとつのコトに対して、
多くても4000~5000字程度にとどめるでしょうが、
本ではその10倍以上の文字量で情報を構築していきます。

これには媒体の差が少なからずあるでしょう。
ネットでディスプレイを見つめながら1万字読むのはしんどいですが、
本だと1万字はそれほど多くはない量だと思うはずです。

そして、ネットと本では匿名性の差も無視できません。
素性のまったく分からない人が本を出すことはなく、
その情報の責任も出版社と著者にあることが明白です。

さらにいろんな人が出版に携わるわけですから、
誤報などを避けるべく情報の水準が一定のレベル以上に保たれています。

これがネットになると、不特定多数の人が書き込めるため、
裏を取っていない情報が流される可能性もあるうえ、
発信側の責任が問われにくく、逆に情報受信者にそれが求められます。

そして、本を読むことで培われる読解力があってこそ、
ネットでの情報を精査・フィルタリングしながら
有効活用できるだろうことを示唆していました。


P.S.
ちなみに妻は先日、
ヤフオクで docomo iPhone 6 plus を落札して、
docomo SIM を契約することで運用していくようです。
スマホが高騰している現在、これが僕も賢い方法だと思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-読書

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.