やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お金に対する考え方

ボウリングってわりとコスト高じゃない?!

更新日:

もともと田舎暮らしだった僕は、昔からボウリングを楽しむのが好きだった。中学・高校のころには友人たちとカラオケやボウリングで遊んでいたのを思い出す。ゲーム感覚で楽しめるうえ、スコアが出るので「勝った負けた」などの競い合う要素が芽生えるのもオモシロイ要因の一つだ。

当時はそんな意識はなかったが、運動が不足がちになるこの年ごろになるとスポーツとしてもその効力を発揮する。1〜2ゲームではそれほどではないが、4〜5ゲームくらいになってくるとかなりの運動量を要する。



そんなボウリングだが単なる遊びとしては、けっこう高くついたのを覚えている。だいたいは2ゲームくらいで引き上げるような感じだったが、3〜4人でやったとしても1時間半程度で終わるが、それだけで一人あたり2,000円くらいの金額がかかってくるわけだ。それに加えて、だいたいレーンやボールに慣れたころにはもうそろそろ終わろうか、、ということになってくるのだ。ハッキリ言って不完全燃焼だと言わざるをえない。

これがカラオケなどだと話は変わってくる。2時間くらいで遊んでも安いところだと500円程度、ドリンク代などをつけたとしても1,000円程度のモノだ。これなら思いっきり遊ぶことができた。もっと歌いたければ「延長します」と言って100円払うことで長居したってイイのだ。

これがボウリングだとそうもいかない。もう1ゲーム、、となると500円くらい違ってくる。価格のことを考えると学生時分のころには安心して遊ぶことができなかったという感覚があった。遊びとしても中途半端なら運動としても満たされることはない。値段の割には不満が残ることが多かったのが事実だ。要するに費用対効果が低くコスト高になってくるわけだ。



社会人の今ではそこまでシビアに考えることもないのだが、やはりボウリングというと1ゲームあたり500~700円くらいが相場だ。そう簡単に何ゲームも遊ぶということは気軽にはできない。そこで考えたのが投げ放題というシステムを利用するということだ。

飲み放題や食べ放題、歌い放題などはよく聞くだろうがボウリングにも○○放題というのがある。イチバン初めにお目にかかったのはもう15年くらい前のことになるが、大阪市内の京橋にあったボウリング場でやっていた午後10時から閉店までの1時間のあいだは1,000円で投げ放題というモノだった。

それまではボウリングの投げ放題なんていう概念自体が自分の中にはなく、そのころ勤務していた会社の同僚に教えてもらったのだが、とても新鮮な気持ちになったのを覚えている。クローズ直前というのは遊ぶ人が少ないので、店側も考えて安くしてでも営業している限りはレーンを使ってもらおうという考えだったのだろうと思う。その恩恵を存分に利用させていただいて、当時は会社帰りなどによく寄って遊んだものだった。



ゲーム数を気にすることなくバンバン投げられたので、そのころはけっこうボウリングが上達した。1時間で10ゲーム投げたことがあった。これを聴いてピンと来ないかもしれないが、やってみるとかなり難しいことが分かっていただけると思う。

単純計算で1ゲームを6分で終わらせることが必須なのだ。ということはストライクがバンバン出て、1フレームを1投で終わらせるのをたくさんやらないといけないわけだ。そのころはスコアが200を超えたゲームもけっこうあった。

その後、転勤で東京へ赴いたときにも、池袋のロサボウル(・・だったかな?)というところで午前中は投げ放題というのをやっていたので何度か遊んだ記憶がある。いくらだったかは覚えていないが、午前中の9時から正午までの3時間ぶっ続けで投げ続けられるのだ。



そんなこんなで大阪と東京ではかなり遊んだのだが、そのあと地元の北海道に帰ってきてからはそういったことをやっているところがなく、しばらくボウリングからは離れてしまっていた。しかし、ラウンドワンでは投げ放題というのをやっていることが発覚して見に行ってみたのだが、当時は北海道にできたばかりだったというのがあってか、非常に混雑していたのを覚えている。そして、混雑している場合にはたとえ投げ放題プランで遊んでいても3ゲームで切り上げなければならないシステムだった。・・ということは投げ放題ではないわけだ。

nage


存分に遊べないならラウンドワンに来る必要もないか、、ということで断念していた。しかしながら、札幌市白石区にあるラウンドワンにふと立ち寄ってみた際に、レーンがけっこう空いていて、半分くらいしか埋まっていないのが確認できて、これならイケるかも?!ということでまたまた浮上してきた。ボウリングを存分に楽しめるので行ってみようと思っている。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-お金に対する考え方

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.