やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テレビ

リスクのないところにビジネスはない!!

更新日:

ここ最近、日曜劇場「下町ロケット」が非常に面白くて、
毎週楽しみに観ています。

皆さんご存知の大人気ドラマ「半沢直樹」の原作者である
池井戸潤さんが書いた同名小説をドラマ化したモノなんですが、
非常に感銘を受けてハマってしまいました。

あまりネタバレを含むといけないので簡単に書くと、、
精密機械製造業の中小企業・佃製作所の佃航平社長が、
技術者としての熱意を持って苦難を打破していくというストーリーです。

佃社長は、お金を稼ぐということはあくまでも結果であり、
技術者にとっては技術を磨き世に送り出すことで、
価値を提供することこそ最も肝要だと語ります。

一見、暑苦しくもあるのですが、
いまそういった価値観が薄れてしまっている風潮がある中、
見直されつつある価値観だからこそのドラマ化なのかな~
なんて思ったりしています。

その社長の生きざまに感銘を受けているのも、
ハマっている大きな原因ですが、
その社長を取り巻くさまざまな人物にも、
魅力を感じながら視聴しています。

昨日放送された回で、立川談春さんが演じる殿村経理部長が、
技術屋としての夢に固執する佃社長を反対する社員に対し、
社長をバックアップするように叫んだ言葉に
非常に感銘を受けました。


「リスクのないところにビジネスはありますか!?」


「おーー、確かに!!」と思わず僕も叫んでしまいました。

なかなかこういう価値観を口に出して話す人が、
残念ながら僕の周囲にはいないのです。

そして、僕もそういった価値観に包まれながら、
守られて(?)生きてきた感があるのです。

僕が学生を卒業して就職するころには、
安定した会社に入るのが一番!!という風潮が根付いていました。

高校の同級生が「将来は世界一周旅行がしたい!!」などと
言っているのに対して「何を夢物語言ってやがる!?」
などと冷ややかに見ていた節がありました。

そして周囲にも、
同じように思っていた友人が多かったように思います。

しかしです。
最近になって分かったことですが、
そんなことを言っていた彼は見事、
世界一周旅行を企画・運営する会社を立ち上げていて、
多くの社員と同じ目的を掲げながら社長として大活躍しているのです。

就職活動をしていたころの僕は、
そんなことを言っている彼は大きなリスクを負っている
というマイナスな見方しかできていませんでした。

でも、リスクがあるからこそ、
ビジネスとして成立したのだと今になっては思えます。

誰も歩んだことのない道だからこそ、
その道に魅力を感じる人が同調するのだし、
そこに作られた世界に心酔したい人が寄ってくるのです。

逆に、何もリスクがない、、ということは、
前人未踏の領域ではなく誰かが歩いた道を
ただひたすらに行くということです。

そんな道でビジネスが成立するわけがありません。
なぜならリスクを負わない道というのは、
完全なる真似事をする道だからです。

みんなと同じことをやって、
成功できる時代はもう終わっているのです。
少なからずオリジナリティが必要不可欠です。

何もマネをすることが完全に悪だと
言っているわけではありません。
どんなコトだって、どんなビジネスだって、
どこかの誰かのマネをして成立しているモノばかりです。

そのうえで、少しずつオリジナリティを出して、
新しいモノを生み出しているに過ぎないわけです。


高校の同級生だった彼も、
世界一周旅行券というモノがあることを知り、
それを活用することで何かできないか??
と考え抜いたすえに導き出した答えなのです。

すでにあるモノを上乗せしたり、改良したりする。
あるモノとまたあるモノを連結・連動させたりする。
・・・ってことで、成立する何かがあるはずなのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-テレビ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.