やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テレビ

現代の恩恵を生かしてさらなる高みへと進化させ後世へ引き継ぐべし

更新日:

先日、BS12で月曜9時からやっている「せいこうの歴史再考」という番組を観た。第13回目を数えるその回の放送では、それまでは「織田信長」や「武田信玄」などの戦国武将などを取り上げるコトが多かったのだが、その回ではなんと初の外国人「ペリー提督」を取り上げていた。

ペリー提督というと、黒船を率いて来航してちょっと怖いイメージ。。僕は新撰組のハナシが好きなのだが、ペリーが来航したときには近藤勇や土方歳三らが、モノ珍しげに遠目から眺めて得体の知れない怪物とこの後どのように対峙していくかなどと語りながらも、結局は手が出せずじまいに終わったというイメージがある。

しかしながら、日本に開港を迫った真意というのは、日本を占領しようとか植民地化しようとかいう大それたコトではなく、当時アメリカで熱心に行われていた捕鯨漁の際の拠点として位置的に日本が最適だったため、港を使わせてもらいたいという理由からだったようだ。



こんな具合に進んでいった番組では基本的には、ペリー提督が日本へ来航したことによって、急速に近代化が進んだというストーリー展開だったわけだが、その中で普段から考えているコトと非常にマッチした内容があったので紹介したい。

main

ペリー提督が黒船とともに来航したのが1853年だ。そしてこれ以降、西洋文化が日本にもたらされることになるわけだが、来航してからわずか19年後の1872年には鉄道ができた。鉄道が何なのか、そしてその概念も何もない時代のことだ。

ペリーが来航する以前には想像すらしていなかったようなことが、20年足らずで実現してしまったということだ。このスピード感たるやモノすごいことだと言わざるをえない。



話の流れで、横浜で1888年に創業した「ウチキパン」というパン屋さんを紹介していた。近代化の真っ最中、外国人が経営していたパン屋さんを真似て始めたらしい。このころというのは、ほんのチョット前まではチョンマゲを結っていたような時代で、大政奉還が行われた1867年から20余年しか経っていない。

なので、今から考えると非常に前のことのようなイメージを持っていて、ウチキパンさんも「よくこんなに長い間、営業を続けてこられたな〜」などと、さぞや長く続けているという印象を持った。

話を聞いてみようということで工場長の打木さんを呼んだのだが、5代目ということだった。僕は「エ?!まだ5代目なの?!」という印象を持った。数字の少なさが意外だったわけだ。よくよく数えてみると、開業してから100数十年しか経っていないのだから当然といえば当然だった。



・・と、こんなことを考えながらテレビを観ていたのだが、日本を近代化に導くきっかけを作った、ペリーの来航から160年くらいしか経っていないことに気づいて、度肝を抜かれてしまった。先ほども述べたが、近代化当時やその後の技術進歩のスピード感というのは恐ろしく早く、スゴイことになっているという印象が拭えなかった。

013-01

160年。。これを長いと見るか、短いと見るかは人それぞれだろうと思うが、僕的には「たったの160年しか経っていないのか?!」となる。この後、1900年を迎えてからライト兄弟が飛行機を飛ばした。また、日本では2度にわたる大きな戦争を経験して、こんな無益な戦いはもう決して行ってはならないと日本全体が決意した。



このように非常な進歩を遂げた日本だったが、これは明治維新に始まる近代化の流れだけでは決してナイ。スゴかった当時の20〜30年を現在のそれと照らし合わせても実感が湧かないかもしれないが、現在も非常な進歩を遂げているのだ。長いスパンで見れば、携帯電話ができたな〜と思ったら、今ではもう既にスマホを手にしている。語りかけると反応して思ったとおりのことをしてくれる。

自動車もスピードを設定してさえおけば走ってくれて、前にクルマがいることを確認するとブレーキをかけてくれる。クルマがいなくなると加速を始める。。ハンドルさばきもすべてコンピュータに任せられる時代がやがて来る。

6ee807969ea913ae9f10f68f4b1cf6ca_s

さまざまな分野で凄まじい進歩を遂げているのが現代だ。そして、それは人間の欲望の限り続くというわけだ。人間が望むから、それを実現したいと願って開発される。だから、今後も進歩は続くということに他ならない。



・・ここまで考えると、かなり便利に過ごしていると言えるわけだ。これまでのどんな王国の国王にも増して幸福な世の中が実現している。そして、それはさらに今後も加速度を増して続くことが予想される。

「なんと恵まれた時代なのだろう?!」と感嘆せざるをえないのは僕だけだろうか?!先人たちの歩みの上に僕らは過ごしているのだし、その基盤があってこその現代だ。なので、感謝せざるをえないというのが率直なところだ。こんな世の中にしてくれてアリガトウと言わざるをえない。

さらに言えば、この恩恵を受けてばかりはいられない、、ということになる。これらの恩恵は後世に引き継ぐべきだし、現在以上のカタチに持っていくことが、現代に生きる僕らの使命なのだろうと思うわけだ。非常にたいそうなコトを言ってはいるが、そんな大志を持って生きていきたいと願ってやまない。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-テレビ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.