やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツール、アプリ

「思考」と「行動」の相互作用で初めて前進 〜考えすぎは命とりになる〜

更新日:

皆さんは「倉庫番」というゲームを知っているだろうか?数あるゲームの中でもかなり有名なモノだから知っている人も多いと思う。ゲーマーが人間を操作して、倉庫の中の荷物をなるべく少ない労力で、指示された格納場所まで運ぶというパズルゲームだ。操作する人間は、荷物を押すことはできても引くことはできない。一度に一個しか動かすことができない。。とルールはとっても単純なゲームだ。

このゲームに僕が初めて出会ったのは、ファミコンで移植されたときだ。もともとはパソコンのゲームだったのだが、人気を博してファミコンでも移植されたのだった。約30年ほども前のことだ。以前はかなりハマって熱心に解いていたのを懐かしく思うようなこのゲームを、スマホでも簡単にできるようになったから、、と妻が薦めてきた。




このゲームは非常にシンプルにできていて、内容は原始的だ。平面に配置された人間を操作して荷物を運んでいくというモノで、現代で非常に発達しているグラフィックなど何ら必要としないようなゲームだ。そんなゲームに子供ながらにハマったものだ。

シンプルな作りのゲームといって、まず僕が思い浮かぶのが「ウィザードリィ」だ。これも子供のころに非常に好きなゲームだった。これもやはりパソコンでの発売が最初だったようだが、僕はファミコンで知ることになる。3Dダンジョンを探検するというゲームなのだが、これも非常に単純きわまりない。

20150418004334

僕がファミコンで知った時には、ある程度のグラフィックはあったモノの、パソコンでの発売当初では、グラフィックなどなく線画だったようだ。黒の画面に線画で立体ダンジョンを表現しているというモノだ。だけれども、グラフィックがこんなレベルで、たとえ線画であったとしても、非常にオモシロイゲームだと言える。

もっと言えば、シンプルなのにオモシロイ、、というのではなくて、シンプルだからこそオモシロイ、、のだと思う。本質の部分にオモシロイと思えるたった一つの要素があることこそが、そのゲームを高いレベルで確立させている要因だと思う。その一つの本質に対して、周囲がシンプルに応援するカタチにすると本質が浮き立つわけだ。うまく強調されたカタチになって、結果売れるという構図になる。




ところで、この「倉庫番」というゲームは、いわゆるパズルゲームだ。パズルゲームということは「思考」がモノを言う。よく考えてやらないと失敗するわけだ。初めのステージでは簡単にできるのだが、後の方になると必ず失敗する。

そして、制作者が意図したツボにまんまとハマってしまうと、失敗するのが悔しいという感情が出てくる。一度で完璧にやり遂げたい、、などと思うようになるわけだ。そうすると、手が動かなくなる。手を動かす前に考え抜くということをしてしまうわけだ。頭の中で考えて、頭の中で動かしてシュミレートして、、できると判断した時点でようやく手を動かすというようなことをしていた時期があった。

soukobansp03




ではなぜ、こういった思考回路になったのだろうか、、と考えてみる。無論、これが良いことだと思っていたからに他ならない。考えてから行動するというのが、こういうことだと思っていたのだ。「考えてから行動しなさい」とは、僕が子供のころはよく言われていたことだった。

親だったか、学校の先生だったかは、はっきり覚えているわけではないが、だれかれ問わずそんなことを言っていたような気がする。そして、僕はそんな忠告を地でやっていたフシがある。こうやっておけばまず間違いはないだろう、、とホンキで考えていた。

だけれども、そんな考えは違っていたことに最近になってようやく気づくことになる。言ってみれば「思考」と「行動」はクルマでいう両輪なわけだ。「思考」しないと「行動」が上手くいかないのと同様に、「行動」しないと「思考」が上手くいかない、、というのも真実だったわけだ。

「思考」するのも大事だけれども、「行動」することも同じように大事だということだ。現代人はとかく「思考」が先行しがちだ。そういう風潮が蔓延しているように思えてならない。しかしながら、やってみて分かることも多い、、やってみないと分からないことが多いわけだ。




たとえてゲームの話に戻してみるが、「倉庫番」でも考えるだけでは進まない。やってみることによって失敗してから、そのステージの特性が分かるというモノだ。こうやるとこう失敗するんだな、、ここを動かしちゃうと今度はコレが動かせなくなる、、というふうになると、それに対処しようと考えるようになる。こんな具合に、思考と行動が交互に絡み合うことによって、ようやくクリアすることになるわけだ。

どんなに難しく思えるステージでもそれは同じことだ。「思考」と「行動」を繰り返せば自ずと前進する。より難しいと思えることには、それらを幾重にも重ねる必要があるだけだ。




当然ながら、これはゲームに関してだけではなく、どんな事象にも通用する。「思考」と「行動」の繰り返しは、どんなことにも必須な条件なわけだ。もっと言えば十分条件になりうる。これさえ意識に留め置いておけば、何でもできるということだ。どんなに難しく思えることでも立ち向かえる。難敵こそ、この基本が大事になってくる。

a924701d9ad927d93799e84fab27ff5b_s

もっと言えば、何かをするときに「思考」は弊害にもなるということを付け加えておきたい。初めに思考する、、という習慣がついていると手が止まってしまう。そして、すぐに行動ができない。心理的にも「考えることを先にしなければ。。」と、とかく思考を先行しがちなわけだ。そして、そうなってしまうのは「思考」が大事だと思い込んでいることが原因になっている。




行動力が低い人は、考えすぎる傾向があるということに他ならない。逆に行動力がある人というのは、考えずに動くという習性を持っている。やってみて失敗して、、を繰り返すことでカラダで覚えるというわけだ。

現代では、これまでとは逆に「考えない」ということの必要性を重視すべきなのだ。昔は考えることが重要だと教わってきたし、そんな風潮があった。しかしながら、現代ではそれと逆のことをする必要がある。ここまで述べると、これまでの教育方針が間違っていたのか、、という考えがあってしかるべきだが、そこまでは述べないでおくことにする。

とにかく現代は情報過多の時代だ。なので、考えすぎるタイプの人が非常に多い。やってみてから分かることも多いし、逆にやってみなければ分からないということも非常に多いので、考えないチカラというモノに着眼する意識を持ってほしいと思う。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-ツール、アプリ

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.