やりたいことを優先して生きるセミリタイア的ステップアップ習慣のすゝめ

タカ〜ル公式ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イベント

北海道・焼尻島での「宝島2016 〜焼尻・天売 兄弟島の財宝伝説〜」に参加してみた 〜トムソーヤのクオリティは絶品〜

更新日:

先週の土曜日、焼尻島(やぎしりとう)へ行ってきた。焼尻島というのは、留萌管内の羽幌町から西25kmの日本海に浮かぶ島で、その西方にある天売島とともに羽幌町に属する島だ。



なぜそんなところに?といえば、もともと離れ島に旅したいという想いがあったからという理由が大きい。

大阪や東京に住んでいた頃には、他県へ移動するなど造作もないことで、電車に乗っていればいずれは到着するという感覚だった。しかし、ここ北海道というのは日本の他の県などと比べて、隣接する県へホイっと行くわけにはいかない。もし行こうとするならば、飛行機やフェリーなどを利用することになる。

だから、ちょっと出かけようか、、となったら、北海道から外に出ることはなかなかないわけだ。そんな中で少しでも違うところに赴きたいと考えた時に、離れ島の存在がある。ほんの近くでもフェリーなどで海の上を移動すると、ちょっと旅した気分になれる。




・・とこんな思いを持ちつつも、今回焼尻島へ向かったのにはもう一つのわけがある。最近、興味が湧いている謎解きイベントが焼尻島で実施されているからだ。7月23日から始まった「宝島2016 〜焼尻・天売 兄弟島の財宝伝説〜」というモノだ。



期間は8月31日までとかなりの期間にやっているのだが、外を歩いたりすることになるので、天気が良くないとダメだ。最近は雨天が多く天気に恵まれない日が続いていて、たまたま先週末はちょうど晴天の予報だったので、突如行くことにしたわけだ。結果的にはイベント初日に赴くことになった。




きちんと調べ上げていないせいもあったのだが、ちょうどそのイベント開催初日を含む土・日曜日には天売島で「天売ウニまつり」というのがあるようだった。天売島が日本一の品質を自負する活ウニや海産物を格安販売するほか、無料で使用できる炭火の焼台で焼いて食せるというイベントだ。僕もウニには目がないのだが、今回はせっかくなので当初からのイベント参加を優先した。

でも、そんなイベントがあってか、非常に混んでいた。焼尻島と天売島とでは場所自体が異なるのだが、焼尻島へ寄ってから天売島へ行くというルートを取るため、焼尻島に行く人も天売島へ行く人も同じ船に乗ることになるのだ。本当は高速船で出発して、焼尻島へ早めに到着しておきたかったが、満員ということで高速船への乗船は見送ることになった。

高速船「さんらいなぁ2」だと8:00発―8:30着だが、普通フェリー「おろろん2」だと8:30発―9:30着と1時間の開きがある。謎解きには少しでも多くの時間を確保しておきたかったので、日程を変更しようかとも思ったが、晴天と週末が重なる日がなかなか来ないと困るので決行したわけだ。




到着するとすぐにレンタサイクルへ行った。かなりの距離を移動することになるのでレンタサイクルを薦められていたのだ。下船してすぐ目の前にレンタサイクルがあり、自転車がたくさん並べられていた。小さな島とはいえども、歩いていては観光もできないということで、自転車を利用する観光客が多いのだろう。100台以上は用意されていた。

すぐトナリ辺りに今回目当てのイベントの受付所があった。受付を済ますと、今日挑戦する謎解きの予定を聞かれて、初級・中級・上級の三つをやる予定だというと、その三つ分のしおりを同時に受け取ることができた。「クリアするたびごとに戻って来なくても良いように一度に渡しておきます」とのことだった。

IMG_3057




・・というわけで〝謎解き〟開始だ。初めて訪れる地なので、まったく土地勘がない。受付で渡されたしおりがマップになっているのだが、それを見てもなかなか確信が持てないまま進路を取ることになった。「この道で合っているか?」などと不安に思いながら、コッチだろうか。。と思い切りよく進んでいった。

終始自転車で移動していたのだが、平坦な道もあるにはあったが、島独特の地形で起伏が激しい。上り坂も多くてなかなか漕ぐのが大変だった。まだ企画自体が終わっていないので、ネタバレするといけないが、初級の初めのほうと、上級のクライマックスの辺りにものすごい登り坂があって、けっこう苦労して漕いだのを思い出す。




上級では上り坂もキツかったが、ナゾもかなり難しくなっていた。最後には謎解きならではのトリックがあった。ある程度は難しいけれども、解いた後にはスッキリするというのが謎解きの醍醐味だし、ハマる要因でもあると思う。

・・というわけで、今回は焼尻島での初級・中級・上級のコースが完了した。まだコースは用意されていて、今度は天売島でのEXTRAコースというのがある。そして、それまでの4つをすべてクリアすることが参加条件になっている「兄弟島の秘密」というナゾに挑戦できるという仕組みだ。4つのマップがヒントになっているらしい。




このイベントは8月31日までやっているので、また天気の良い日を見計らって出かけようと思っている。3つやっただけでも満足はしたのだが、何か中途半端な感じがするのでどうせなら、、とすべてクリアしたいという思いが強くなっている。

IMG_3039

天売島でのEXTRAコースは初級クラスということでクリアするのはラクチンだろうと思うのだが、最後の「兄弟島の秘密」に少し不安を抱えている。フライヤーやホームページなどを見てみると、移動がないということもあって、目安は30分〜60分ということだった。なので、落ち着いてやれば何とかなるかな。。と考えているところだ。

もしも余裕があれば、今度は少し観光もしていきたいと思っている。先週末行った前回は、謎解きで精一杯だった。初級・中級はスムーズだったが、上級がかなり難しくフェリーの最終便ギリギリまで時間いっぱい使ったので、ゆっくりしていられなかった。なので、今度行った時は少し島を堪能してこようと思う。




最後に暴露するのだが、、実は、、上級クラスはスムーズに解くことができなかった。後から気づいたのだが、おそらく一カ所逃している場所があると思う。最後の目的地までたどり着けたのは、まだ行っていないところはどこか、、と辿っていたからだった。こっちはまだ一度も行っていない、、でも違う、、こっちか?・・と感じでクリアするに至ったわけだ。要するに足で掴み取ったゴールだった。

本当は謎解きで正真正銘なクリアを目指したかったが、時間もギリギリだったので地道な作業に切り替えた。自宅に戻ってからじっくり考えたのだが、、「あッ!!そうだったのかッ!!」と非常にスッキリした。現地でできていたら、もっと感激しただろうに。。と思った。

このイベントもトムソーヤという団体がやっているのだが、やはりなかなかクオリティの高いナゾを提供してくれると感じ入り信頼性が上がった。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットを活用して毎月10万円以上の副収入を得ているタカ〜ルが、
日々の出来事や日常からの気づきを独自の切り口でアプローチします。
コチラからメルマガ登録をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-イベント

Copyright© タカ〜ル公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.